2018年ステイヤーズS レース回顧

JUST競馬予想ブログ

ステイヤーズS -回顧-

読了までの目安時間:約 2分

 

早朝のアルバート取り消し決定から、それなりの時間があったことも影響したのか。

人気上位の長距離戦に実績のあった馬が好走。

ファンの支持が確かだったというより、田辺、ビュイック、そして久々に大きな舞台で躍動した蛯名騎手らの判断が、それぞれに素晴らしかったということであろう。

まさか、狙いはあったのだろうが、マイネルミラノが先行争いに一度も参加しない展開になるとは思わなかったが、人気勢のヴォージュが好位につけ、モンドインテロも普通の競馬に終始したことで、長らく日本競馬界にドラマチックな話題を提供してきた蛯名騎手が跨るリッジマンにとっては、変に動く必要のない先団を見る内目の揉まれないポジションを奪った時点で、ほぼ勝負あり。

百戦錬磨の騎手でなくても、スムーズに運べる展開から、ベテランらしい的確なポジション取りがあっての、直線の圧倒的な抜け出し。

前走の丹頂Sも快勝だったが、今年の3000M以上のレース3戦で【1200】としたリッジマンは、まだ5歳でもあるし、再来年の蛯名騎手の去就に関わらず、アルバートの後を継ぐ専門家としての道を、自ら開いたことになる。

母系はフォーティナイナー由来の系統で、コンティニューはリッジマンの4代母、3代父のフォーティナイナーでは2代母の祖母にあたり、5×4のクロスを持つ。

異系色が強く、活力に溢れる配合からは、アルバート以上のタフさを備えている可能性を予感させるものがある。

鳴尾記念のエアウィンザーは、前走の内容が爽快な差し切り勝ちで、全く今までと違うイメージとなっていたが、展開云々ではなく、これはミルコ・デムーロの鬼気迫る勝負への執念を讃えるべきか。

位置取りから追い上げる姿勢をとってみても、今週は気合いが違った。


* * * * *

【特集】 誰でも同じように再現できる、10万馬券の取り方


無料で利用できる評価の高い指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。
03/03 阪神12R 200,880円
02/16 小倉01R 153,140円
02/09 小倉06R 109,670円
02/03 京都11R 141,960円
02/02 京都03R 212,970円
01/27 中京09R 185,870円

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方