2018年 新馬戦レース回顧

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧<12/1・2>

読了までの目安時間:約 3分

 


今年の最終開催。変則の4.5週行われる急坂コース3場の競馬は、新馬戦で特に、振れ幅の大きな結果が目立つ展開となった。

波乱は2レース。

中ダ1200は牝馬限定戦だったが、じわっと先行して押し切ったのは、単勝80倍のタイキシャトル産駒・テンブンだった。

ツルマルガール・ボーイが近親にいるエスサーディ系は、今はほとんど廃れてしまったが、在来牝系はこういう時季になると元気になる。

阪マイルは人気のディープに代わって、ブラックタイドの仔・キュールエミヤビがいいキレを見せて、接戦を制した。

ハイクレアのクロスを持つ彼女の相手は、単勝100倍の馬だった。

圧勝は2戦。

中山芝1200はアドマイヤムーンのワンツーも、そこには10馬身の差がついた。

キースネリス。中距離型のヨーロピアンといった母系だが、父の影響力は大きいようだ。

阪ダ1400も牝馬戦。圧勝は唯一の人気の勝ち馬・フォレブルート。ロードカナロアでロイコン系。

牝馬が強い時代を象徴するシンコウラブリイの一族が締めて、牡馬には仕事をさせなかった。

日曜日も怪しいレースあり、圧巻の展開あり。

様々な課題を残しつつ、中山2000でステイゴールド一行を引き連れてわがままに勝ち切ったシェドゥーヴルは、父オルフェに触れるよりは、半兄のヨシダを参照とする材料にすべきだろう。

芝とダートの米タイトルを日本馬が制したのである。この馬は、障害と平地両方でタイトル奪取できるかもしれない。

阪2000も接触等があり、影響のなかったハービンジャー・ヒンドゥタイムズが抜け出した。

まあ、復帰したばかりの中谷騎手を祝うための競馬だったと考えたい。

直線の手応えが違ったという点で、中京芝1400のフォッサマグナ<ウォーフロント>、中山ダ1800デアフルーグ<ベーカバド>は同じ。

1:21.7と1:54.7が各々の走破タイムなので、当然、勝負にならなかった。

阪ダ1400はレベルが?

ユタカスペシャル×ヘニーヒューズの追い込みを見せたペプチドオリバーの評価は、次戦以降で。

ちなみに、日曜の新馬は牡馬だけが勝った。信用できそうな馬は少なかったが…。



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方