2018年新馬戦 レッドアステル ミッドナイトラヴ

JUST競馬予想ブログ

レッドアステルほか 新馬2018 <12/15・16>

読了までの目安時間:約 3分

 

ダート戦が番組の中心になりつつある冬季競馬。

土曜の新馬も、3つがダート戦。

特に、中京1800であり得ないところから追い込んできたグトルフォスが気になる存在となったが、ゴールドアリュール×ウォーエンブレムという天才配合なので、どうなるかはわからない。

中山1800の大型牝馬・ハクモクレンの方が狙いとすれば無難か。

ストームキャットとアンブライドルドの直系同士の配合。素直に成長すればオープン馬になれる。器用ではないだろうが。

阪1200からは、3代母モルゲンロートからダートの堅実型がいっぱい出ているフロリースカップ系のプリンシアルーチェが勝ち上がり。

彼女もまた、その血を繋いでいくことになる。ヘニーヒューズの仔。

さて、芝は何とも…、が今週も見られた土曜競馬。

阪マイルはディープ×エーシンメンフィスの女馬・イルヴェントロート、中1800ではロブロイの男馬・アイスブラストがそれぞれ勝ち上がったが、時計勝負に課題がありそうで、勝ちっぷりは上々でも、素直には評価できない。

東京、京都でコケて、また阪神や中山待ちとなりそう。キレ馬ではない。

日曜日は個人的にだが、よく見えたのが牝馬の2頭。

中山マイルのマーフィー騎手のキャラが確定したようなレースで人気に応えたレッドアステルは、小柄なディープでも、総合力で後続を突き放していた。じっくり育てたい。

阪1400の牝馬戦でも、カナロアの中型馬・ミッドナイトラヴが、池添騎手の巧みな後傾ラップの逃げこみプランで後続を封じた。キレないが、それが持ち味になれば本物。

中山ダ1200のスウェプトオーヴァーボード・ジャパンスウェプトと、阪2000を逃げ切ったベルシャザール・キングリスティアら、好時計で勝ち上がった期待の牡馬は、同時に、ハマった時の迫力というものが武器のような気がして、次以降も見ておきたい。

牡馬はいきなり速い時計で走るより、じっくり時計を詰めた方が出世することも多いし、中央場所ばからこその不安材料がある。

後者に関しては、エリモシックの一族なので、平坦巧者だと思われる。ホープフルSに登録したが、果たして。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

タグ :  

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方