2018年新馬戦

JUST競馬予想ブログ

超変則3日間開催 新馬2018 <12/22・23・28>

読了までの目安時間:約 3分

 

超変則3日間開催になって、今年で2年目。

来年は丸々1週分の間隔になるから、いよいよ、競馬界に休みがなくなることになる。

今年の最終開催は、まずダート戦から。

22日の中山は2戦で、1800は前を見ながらじっくり抜け出しで快勝のVピサ・アルマスティングが、1200は快速競馬の流れに乗ってプリサイスエンドのトーアシオンが1:11.8で逃げ切り。

前者はお馴染みのエイシンキャメロンの一族、後者は1Rが1:11.6で決着している点が特記事項。

阪1400の渋馬場戦も、伏兵評価のロードカナロア・メイショウウズマサの逃げ切り。24秒台だから、京都でも期待できる。

28日の中1200は、デカすぎる白毛・マイヨブランとメモリアルのルメール騎手の迫力勝ち。母ユキチャンとはタイプが違う。

雪舞う阪1800で穴をあけたマッスルビーチはメイショウサムソン産駒。こちらは競馬がうまいタイプ。

22日は、芝は阪1800のみ。

稍重馬場をスムーズに外から伸びたハービンジャーの女馬・グラディーヴァが、低評価を覆して快勝。

ディープ×フレンチの母の配合というより、日本最高峰の牝系であるパロクサイド-エアグルーヴのボトムだから、当然の結果だろう。続いたミクロコスモスとレディアルバローザの仔も、そこそこ見どころがありそう。

日曜の東西の芝戦からは、中マイル快勝のダイワメジャー×シーイズトウショウの良血・ブレイブメジャーが目立った存在として登場。

2000以上はともかく、1200型に出るということはないだろう。

西の渋残りの1400戦では、エイシンオズが小柄なのにガッツのある差し切りで勝ち上がり。

エイシンアポロン×プルピットという配合を見て、合点がいった。

28日は東西2000M戦。

中山 ジュピターズライト<ハービンジャー>

阪神 フェアリーエポカ<ルーラーシップ・牝>

どちらも好位のインからしっかりとした脚で抜け出す競馬で、中身も濃かったのだが、人気馬が走らなかった阪神に対し、ルメールの人気馬を破ったジュピターズライトは、今後に期待。

共にパワー型なので、タフな展開が希望。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

タグ : 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方