2019年東海S レース回顧

JUST競馬予想ブログ

インティに誰も逆らわず 東海S回顧

読了までの目安時間:約 3分

 

終始鞭などいらぬという走りで、暮れのチャンピオンズCより0.3秒上回る時計で駆け抜けたインティ。

今回も、誰も何もさせてもらえなかった。

名古屋のタフな2500Mで泥臭く勝ち上がってきたチュウワウィザードが、4歳で勢いに乗る上がり馬ということでかなりいいパフォーマンスを見せたものの、スムーズに立ち回って追撃しようという時に、武豊騎手はようやく追いかけてくる奴が来たかと、ちょっと気合いを入れてまた突き放しにかかっていた。

ほとんど馬なりというか、昇級するごとに強さが際立っているインティが、ちょっと雑巾がけされたくらいの似たような若手にひょいと一捻りに負かされるような馬ではないことが、これではっきりした。

そういうタイプはきっと、激しい競馬に持ち込まれると苦しいだろう。

それは、昨年の勝ち馬でフェブラリーSでも大いに期待を集めたテイエムジンソクと同じ。

ただし、長い休みに入る直前の小倉で、重馬場とはいえ、1:43.8というオープン級の時計で駆けていた記録がある。

まだ全容の知れぬ馬に、松若騎手が騎乗して逃げ切ったその際は、今回の東海Sより平均的なペースを刻みながら、後続に4馬身差つけて押し切ったのである。

今はもっと強いから、引き付けて直線で突き放す後傾ラップ型のスタイルでも通用するのだが、ミスプロの3×4が父母の直系同士でクロスする、日本には珍しい配合の活躍馬だけに、見果てぬ夢が急に現実の快挙へと変化してしまうダイナミックな才能と、ここではまだ思いたい。

武豊騎手はずっとこういう馬に乗ってきたが、何となく、スマートファルコンなんかよりはサイレンススズカのイメージで乗っている気がした。

わざと本気を出させなかった。本番はまだ先にある、という感じだった。

若き日のエルコンドルパサーが、サイレンススズカにまるで敵わなかった毎日王冠を思い出した。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方