2019年新馬戦 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

アヴァンセほか 新馬回顧<1/19・20>

読了までの目安時間:約 3分

 

土曜の新馬は、牝馬限定戦2つを含む、ダートの3レースが行われた。

若手騎手による1番人気競り落としも、見どころのひとつになった。

京都は1400戦。

先行して粘りこむところを川田騎手の人気馬らが追い詰められながら、伏兵評価の藤懸騎手騎乗・ララケリアが押し切った。幻の天才ダート巧者・エストレーノが近親に降り、その父ホーリーブルの名も母父に入っている。

中山の1200Mでも、減量の恩恵はあったが、野中騎手のアヴォンリーが逃げ切り。ミナリク騎手との渋い先行粘りの競馬は、セレタ系の底力も最後はアシストしたところがある。

京都では1800Mの新馬も組まれ、福永騎手のアヴァンセがゴール前抜け出し快勝。マッチョウノ産駒でドタドタした走りに見えたが、中型の牡馬だった。まだ成長途上。

日曜日は芝の新馬戦が3場で行われたものの、皆、非1番人気の牝馬が勝利。

中京2000 クールウォーター<全兄カミノタサハラなど>

スムーズに外枠からの発走のやりこなし、好位抜け出しで最後は流す余裕。ここではモノが違った。牝馬版のステファノスか。

京都1600<稍> アンドラステ<オルフェーブル×ダイナフォーマー>

オルフェワンツーも、行き切ったアンドラステのワンサイドゲームに。表記したより奥の配合がモンズーン×ビッグシャッフル×ルチアーノ…、というドイツ牝系。馬場も合ったか。

中1600 ミッキーフォンテン<ディープインパクト×ケープクロス>

怪我から復帰の菊沢一樹騎手を背に、上手に走ろうともがく姿が印象的。故に、楽勝と見えた。正統派欧州配合で、できれば三冠どれかには出走させたい血統。

この世代、牝馬の方が遥かに、タレント豊富である。

あとは、ベットオブステート<キングカメハメハ×ディープインパクト・近親にドリームパスポート・フロンティア兄弟>が中ダ1800で独走した一戦もあったが、途中まで芝でも、最終的にはダートに戻りそうな馬なので、クラシック展望では登場しないだろう。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方