2019年新馬戦 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

ピースワンパラディほか 新馬回顧<1/26・27>

読了までの目安時間:約 3分

 

雪予報による前日・夜間発売の中止が、いよいよ3歳戦の勝負所が迫っていることを示すように映った東京開催初週。

ダートの番組だけでなく、貴重な芝の未勝利クラスはどこも除外ラッシュで、厳しい生存競争の一端が見て取れた。

中京のマイル戦も16頭立て。

裏開催ながら、重賞の行われる土曜競馬ではあったが、ローカルが主戦場という騎手が、貴重な1勝目を懸け、せっせと仕事をした。

外枠からスムーズに運び、ゴール前では伸び方が明らかに違ったのが、父ジャングルポケットでホーエルキャプチャの近親でもあるピースワンパラディ。

気鋭の大竹調教師、丸山騎手とのコンビで、桶狭間より怪気炎が上がったと見る。

明らかにマイルは短い印象があった。

中央場所では、ダートの短距離戦が行われた。

東京1400快勝は、ローレルゲレイロの近親でもあるダンホーキラー。小さな牡馬らしく、勝負根性を武器に戦うタイプに思える。

京都では1200戦。福永騎手らしく、スマートに立ち回って、キンシャサの人気馬・シュガーサンダーが勝ち上がった。ソヴィエトスターの一族だからというのもあるが、捉えどころがなさそう。

日曜日は人気の外国産馬が奮闘。

東ダ1600独走の断然人気馬・カフェクラウンは、カジノドライヴと同じマインシャフトの仔。

一応ブライアンズタイムの一族に括られるが、恐らくは、快速アメリカンであろう。

京芝1800では、ホッコーブレーヴの下に一撃を食わされそうになってからの粘りが際立った、ノーネイネヴァー産駒のユニコーンライオンが、差し返しての勝利。

米産・英デビュー・仏GⅠ勝ち、米移籍という、せわしない若駒時代を過ごしたスキャットダディ産駒の父だけに、重厚なイメージの愛産馬のイメージとは違うキャラだろう。

さて、東1800で弾けたジャスタウェイ牝駒・アイワナビリーヴなのだが、時計も上々、2着以下が距離不適と血統に起因するスパート力の差が、ヘイロークロスの保持で決定的な結果として現れたようで、見た目通りに、父の足跡を辿っていきそうな才能という印象で間違いなさそう。

父母共に南半球血統だから、ミニジャスタウェイ筆頭株に決定。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方