2019年きさらぎ賞 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

ダノンチェイサー・川田騎手のコンビが出世レースを制す きさらぎ賞回顧

読了までの目安時間:約 4分

 

決め打ちのタガノディアマンテも興味をそそられたが、しっかりと正しい好位ポジションからの抜け出しで、新馬戦を落としたという屈辱をしっかりと返して見せたダノンチェイサー・川田騎手のコンビが、出世レースを制した。

池江調教師はこのレースを殊更好み、あるべき姿をもっと示すことのできるステップレースと、毎年のように厩舎のトップホースを送り込んできたが、またしても勝った。

肝心のダービーは、ここでトーセンラーらに後れと取ったオルフェーヴルしか勝っていないが、当時の彼も、ここを皐月賞除外の立場の身で使ってきて、結果賞金加算はできなかったものの、縁あって阪神でスプリングSが開催されたことを味方につけ、以降の大活躍へと繋げた経緯がある。

トーセンスターダムになれるか、それとももっと大きなタイトルを勝ち取ったサトノダイヤモンドのような才能にまで昇華するのだろうか。

ここに挙げた面々に加え、ワールドエースも素晴らしい決め手を発揮して、きさらぎ賞の格をしっかりと継承したわけだが、その誰よりも上手に競馬をして、オルフェーヴルのように、途中でマイルなり、少々路線外のレースを使った後、しっかりと持ち直して連勝なのだから、ディープインパクトの産駒ということ以外にも、クラシックで狙える要素は多いのかもしれない。

母はアイリッシュ1000ギニーの勝者であり、その父は超名馬・ロックオブジブラルタル。

彼の父デインヒルやその父であるダンチヒの血は、世界中のチャンピオンディスタンスの勝者に加わってくる主幹血統になった。

ブラストワンピースやモズカッチャン、マイルから中距離で活躍するペルシアンナイトなどを送り出したハービンジャーを父に持つ馬の躍進は、よく知られるところ。

チーフベアハートの父よしても知られるチーフズクラウンを経た中距離型の芝血統として、ヨーロッパに根付くところを、そんな血はもういらないというデインヒル飽和状態の欧州路線において、アスコットの高速決着に対応した成長力とスピード能力を買われ、しっかりと他地域へのキャンペーンを成功に収めたことが、今のこういう状況を作っているのかもしれない。

デインヒル直仔のロックオブジブラルタルの産駒。

母サミターには、母系にダンチヒ直仔のグリーンデザートも入っていて、その3×4を持って生まれてきた宿命もあるから、ハービンジャーのような血統背景を持つ馬が重宝される日本で、いくらでも可能性の詮索は可能だ。

一時期から、デインヒルやサドラーズウェルズだらけの欧州の生産者は、日本にディープインパクトがいることを思い出したように、反サンデーの独自路線で日本で頑張ろうとするゴドルフィンに対し、クールモアは素直に、当地の血統馬である繁殖牝馬をいちいち日本に連れてくるようになった。

直前の雨に感じたそれは、メイショウテンゲン降臨のプロローグなどではなく、そうしたグラスレースの正しい在り方を再認識させるための舞台演出だったのではないか。

欧州遠征が身になって帰ってきた川田騎手と共に、こうした芝血統のダノンチェイサーが活躍することは、本当にいいことなのかもしれない。

同父も母父がサドラー系のヴァンドギャルドがコケたレースで、こんなことを言うのは何だが、きっと距離適性の幅でも勝ち馬の方が上なのだと思う。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方