2019年中山牝馬S レース回顧

JUST競馬予想ブログ

中山牝馬S -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

色々複雑な要素が絡み合って、人気馬も力を出し切れずの展開。

愛知杯、京都牝馬Sに引き続き、明けの古馬牝馬重賞は全て波乱の決着となった。

ミッキーチャームはペースが大したことなかったが、川田騎手が1角の入り方で、やや不穏の動きを見せたパートナーを信用しきれず、結果的に、ワンブレスアウェイらの鞍上の積極性を引き出してしまった。

中型馬が休み明けのマイナス体重で、強気に動けないの仕方ないところか。

ちょっと残念。

先行勢があまり強気に行こうとなかった分、ワンブレスアウェイの後にフローレスマジックが攻めていって、ミッキーチャームと直線序盤は叩き合う形になったが、それを振り切った後は、中山内回り名物の中団以下からスムーズに立ち回った馬の出番。

あのフロンテアクイーンが、若いウラヌスチャームと叩き合っているではないか。

それもリードを守り通そうと奮闘している。

ずっと負け続けていた馬が、この辺りで復活する。

春は別れの季節ではあるが、彼女の場合はどうなのか。

首の上げ下げで延々負け続けてきたフロンテアクイーンが、4歳春以来となる3勝目を挙げた。

蛯名騎手でも結果的に乗ることが最初からできなかった北村騎手でもなく、テン乗りの三浦皇成騎手。

面白い。さすが、中山牝馬Sである。

マーフィーでやや勝ち気にグイグイ行き過ぎた後だから、久々もあってさぞ乗りにくいだろうと思ったが、そこは名伯楽・国枝栄である。

ルールを守って安全運転をする手法を前回でやめ、2度目の積極的交代で結果を出した。

メジャーエンブレムに圧倒されたクイーンCに始まり、一昨年の福島牝馬S2着から重賞制覇の夢を追いかけ、惜敗を繰り返してきた末の勝利。

何かに恵まれたわけではない一方で、何かを味方につけられた時に輝けるのだとしたら、苦しい場面でのファイトがこのメンバーの中では、一番の武器であったからこその勝利、とも思える。

経験に勝る武器はない。


* * * * *

【特集】 誰でも同じように再現できる、10万馬券の取り方


無料で利用できる評価の高い指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。
03/03 阪神12R 200,880円
02/16 小倉01R 153,140円
02/09 小倉06R 109,670円
02/03 京都11R 141,960円
02/02 京都03R 212,970円
01/27 中京09R 185,870円

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方