2019年新馬戦 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

牡馬クラシック裏展望 新馬回顧<3/16>

読了までの目安時間:約 3分

 

<牡馬クラシック裏展望>

この世代最後の新馬戦も、また対照的な展開に。

力勝負で小柄な2頭が叩き合った阪神1800戦は、わずかに外から来たキャノンバローズが先着。

2着のダイワメジャーの女の子がどうこうということはないが、勝ち馬に関しては、エンパイアメーカー×ディープで、伯父がオリエンタルロックという背景も含めて、ダート馬と決めつける段階ではないだろう。

一方、中山では今週も圧勝馬が登場も、伏兵のルーラーシップ・ブラックヘイローの快勝で、断然人気馬が馬券外。

芝デビューからオープン連続好走後、ダートに転じて、道営札幌時代の北海道スプリントCを制したハリーズコメットの近親だから、こちらは専門家に育つだろう。

 

さて、2月辺りとは一変、コース特性もあってか、牡馬の注目馬が急増の3歳路線。

ただ、伏兵候補が多すぎて、昔取った杵柄で偉そうにしている輩が、本番でひどい目に遭いそうな展開は織り込み済みという状況に、まだ変化はなし。

 

早い段階での期待よりは、ブラストワンピースタイプの選別が、この時期に目立つ馬では吉と出るはずだ。

まずは、中山で2勝目を挙げたフォッサマグナ。

掛け値なしでも期待の大きかった共同通信杯組ではあるが、それを差し引いても、ポテンシャル同格のタニノミッションに自由をさせなかった勝ち方は、評価できる。

バランスラップで適当に時計がいいというのも、血統背景からすると、むしろ条件問わずの箔がついた。

 

アルメリア賞勝ちのランスオブプラーナは、きさらぎ賞の3着馬でもある。

1800で連続好走。ケープブランコで渋いエスサーディ系では人気馬にはならないが、平坦巧者に転ずるのが遅れただけでも、価値ある勝利だ。負かした相手も、今後伸びてきそうな血統馬だった。

また、ホエールキャプチャの近親で中京マイル連勝のピースワンパラディも面白い。

 

あとは、トーセンラー産駒の2勝馬ザダルと、2戦目で楽勝のトーセンスカイは魅力がある。

前者はワグネリアンに似た配合、後者もステイインシアトルの下と、追いかける価値が出そう。

トライアル組では、猛ペースでの激走追い込みはありそうな若葉Sのワールドプレミアを挙げる。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方