2019年ダービー卿チャレンジT レース回顧

JUST競馬予想ブログ

レース史上最速の1:31.7 ダービー卿チャレンジT回顧

読了までの目安時間:約 2分

 

予想されたくらいの前半の流れでありながら、比較的流れに乗せていったようなグループが粘り込みを図る展開。

時計もレース史上最速の1:31.7だった。

 

やけに道中から手応えが良かったフィアーノロマーノは、かなり人気を集めた休み明けの関西馬であり、前年は京王杯スプリングCで全く勝負にならなかったくらいで、死角だらけにも思えたが、そこはこれからが出番というオーストラリアンデインヒルのファストネットロックの仔。

香港の一流の短距離馬は、そういうオセアニア血統の騸馬ばかりだから、びっくりするような年齢になってから本格化はすることも、全くもって異常なことではない。

 

思えば、この勝負服で活躍した馬といえば、キンシャサノキセキがいる。

3歳春からGⅠでも好勝負していたが、本格化は同期のクラシックホースが店じまいした後の6歳以降だった。

川田騎手にぴったりのパワー満点の競馬が得意なこの大型馬の未来は明るい。

 

欧米の活躍馬が多くはない南半球産の馬だけに、血統背景から何かを探ることには限界はあるが、フィアーノロマーノの本物になった証として、キンシャサ同様に、3歳の内に速いタイムで勝ち切っていた上に、完成が近づくにつれて、再成長を持ち時計やレース内容の向上で示し、いずれ来る自分の時代を世に知らしめるような重賞初制覇が、まるでそっくりなところは心強い。

 

血統はまるで違うのに、北米血統がしっかり母系に入っていることで、単調さもあまり気にならない。

気難しい馬も多い豪州産馬にしては、前向きさが出過ぎて自滅する可能性をあまり考えなくていいのも、彼の良さかもしれないが、秘めたる狂気は想像以上のものがあるかもしれない。

そういう馬が勝つ抜くのだとすれば、スピード偏重の南半球産馬の真骨頂となるわけだが、フィアーノロマーノはどうだろうか。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方