2019年福島牝馬S レース回顧

JUST競馬予想ブログ

不思議な展開は味方 福島牝馬S回顧

読了までの目安時間:約 2分

 

カワキタエンカが鮫島克駿騎手に替わっていることが問題だったのではなく、スマートに先行態勢に入れたことで、ランドネやウインファビラスが突っかかっていくような流れにならず、みんなで抑え込んでしまう残念な展開。

10頭立てなのに、どの馬にもチャンスありという雰囲気が漂うかなりのスローペースになったことで、本来はそれほどまでには気にならない程度のダノングレースの外膨れスタートが、致命的なミスとなってしまった。

 

蛯名騎手も位置取りが決まってしまってからでは、何もさせてもらえないから、我慢を重ねて、強気の4角手前スパートに出るも、前潰しに効果的だったというだけのことは承知の上での勝負手。

小柄な牝馬だけに、強引な手は通用せず、内からも外からも差されてしまった。

 

そういう展開で、自分の型を持っている馬は強い。

展開上、蛯名騎手のお手馬でもあるデンコウアンジュは、6歳の牝馬というだけではなく、早くから差す形が定着化されていた。

長く勝てない日が続き…、そういう馬にこそ、不思議な展開は味方をする。

自分の後ろにいた馬が、強引に捲って、今度はマークの対象になった。

 

元来、差し馬で的確な判断力を誇る柴田善臣騎手が、2度目の騎乗。

直線を見るまでもない展開。攻防は4角を回り切る時点で終わっていた。

かつて、東京マイルで2度の逃げ切りを決めたメジャーエンブレムを、そこで唯一差し切った馬である。

 

誰にもできないことができるのが、メイショウサムソンの産駒の良さなのかもしれない。

産駒はこれで牝馬重賞4勝目。

ガーネットの血を引くフィリーズサイアーというより、1800戦の多い牝馬重賞御用達種牡馬である。

 

とはいえ、5歳の元は期待馬だったフローレスマジックやダノングレースの方が、上がり目はある。

この先は、広い馬場での彼女たちの活躍に期待したい。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方