2019年フローラS レース回顧

JUST競馬予想ブログ

フローラS -回顧-

読了までの目安時間:約 5分

 

我慢を重ねてどこまでやれるか。

初遠征のセラピアが、最初からずっと人気であったから、パドックで落ち着いていたことは皆が褒めていた。

筆者も感心していたが、どうももっと絞っても面白かったような印象もなくはなかった。

スローで我慢したことを褒められた後、経験馬相手の勝利が反動として出たり、格上がりの初戦のレースとしてはいささかタフすぎるフローラSの、レースコンセプトも影響したのだろうが、もっと攻めて作れるような状態でなかった、そういう気性でなかったことが、ここでの敗因。

今日のところは、よく頑張ったねと労ってあげるしかないだろう。

 

相手探し云々以前に、軸馬を探し出すのが難しい一戦だということは、一週前登録の時点でも、レースが終わった後にも同じような感じたところ。

筆者は熱量を持って、ウィクトーリアは多少のことならば、追走する順番など気にすることはないと思っていたのだが、今の戸崎圭太は、大変に太い男である。

諦めの早さと決断の経緯が、実に的確で素晴らしかった。

たとえ負けしてしまったとしても、次に繋がるはず。

 

その真逆を行ったのが、ほとんど執念だけで99%以上レースを制していたシャドウディーヴァの岩田騎手。

十八番のイン強襲は前走も見せていたが、2番枠で行く馬は分かっていたから、ほぼ作戦通り。

しかし、セラピア失墜の早さとウィクトーリアの望外の奇策にしてやられた分、まずジョディーがクイーンCより遥かに内容のある逃げ込みで踏ん張ったので、インが開かない。

でも、そこをこじ開けてきたのが岩田という男である。

 

園田でも姫路でも、岩田ポジションを作り出すことで、勝ち星を重ねた。

中央でもそれは同じ。

その真逆で、大井にいたころから中央の方が向いていると言われていた戸崎騎手は、誰も成功していなかった差しでの成功パターンを、重要な場面で完成させたのだ。

 

昨年よりはバランスラップに近い展開で、今年の場合は、総合力勝負の2000M戦らしい争いで、時計は昨年と同じ1:59.5のレースレコードタイ記録。

ヴィクトワールピサが世界を制したのも、ハーツクライの代表産駒が最強に近い勝ち方をしたのも、左回りの中距離戦である。

この中では選ばれし者であることを示すように、今までにない顔を見せて、結果を残した上位2頭の力は、時計通りに評価すべきだ。

騎手も素晴らしい。

 

それなら、復活する前とその前に勝ったのが2000MのGⅠだったダイワメジャーの産駒のジョディーも、当然の粘り込みだったのか。

みんなが思っていることと違う結果が出るということでは、先週の皐月賞で、毎度同じように繰り返される「最初の実証データ」の質と同じように、これをベースにこの後のことを考えていくのが望ましい。

そうなると、桜花賞当日の2レースの組が、今年は有利かもしれない。

 

揉まれている数が、最後の激戦を制するキーファクターだと仮定した場合、セラピアはオルフェではなく芦毛のゴールドシップのような変則的な舞台設定での強さを発揮するタイプと考えられ、策が決まっているようでそうではない上位2頭には、未知の魅力と無残な策の失敗とが表裏一体のリスクがあることも、これにより証明された。

即戦力型はここにはいないが、その後には、もっと別の舞台で成長を示すことができるようなタイプが多かったのではないか。

ウィクトーリアがコントラチェックの2番手につけたら、結構渋といかもしれないが、決め手自慢の馬は結構多い。

 

さて、ダノンプレミアムだが。

順調なら、ビューティジェネレーションよりアーモンドアイより、ずっと安田記念向きに思う。

雨馬場も多頭数の競馬にも、揉まれる展開にもすでに適応済み。

無理に出る必要はないが、今までにない渋とさを今回示した瞬発力勝負での勝利は、かなり有利なポジションにいることを示したに等しい。


* * * * *

【特集】 誰でも同じように再現できる、10万馬券の取り方


無料で利用できる評価の高い指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。(下記は2019年、3連単1000倍以上の的中例から抜粋)
03/03 阪神12R 200,880円
02/16 小倉01R 153,140円
02/09 小倉06R 109,670円
02/03 京都11R 141,960円
02/02 京都03R 212,970円
01/27 中京09R 185,870円

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方