2019年 京都新聞杯レース回顧

JUST競馬予想ブログ

人気馬の積極策が裏目 京都新聞杯回顧

読了までの目安時間:約 2分

 

直前の東京の雹であるとか、新潟からはアイビスサマーダッシュ級のタイムで快勝のライオンボスが出現するなど、色々な想定外の展開が発生した土曜競馬。

このレースも例外に漏れず、強気強気のダービーに出たいです軍団の登場で、追い込んで来るはずのタガノディアマンテやオールイズウェルが、人気も影響したのか、積極策は裏目に出て、直線で脚を完全になくす中、伏兵の追い込みが見事に決まった。

酒井騎手が騎乗したレッドジェニアルは、レッドアゲートの産駒。

京都3戦はいずれも、内回りの2000Mであり、前走は阪神の2400。

青葉賞の伏兵として東上していてもおかしくない隠れたこの血統馬が、前々走弾けた京都で再び快走した。

これまで4戦2番人気以下だった馬らしく、全く今回も人気になるような要素がなかったことも味方し、この馬の秘めたる底力が、直線の末脚として発揮された。

端から、これは何かが起こりそうな雰囲気があっただけに、異常事態が連続して起きていた3時台の中央競馬を締めくくるに相応しい結果だった。

思えば、1番人気は1勝のみで、特別になってからは岩田騎手が伏兵を連続して勝利に導いていた。

難しく考える必要のない、あまり策を考えずに乗れる立場だったというのは、いかにも、伏兵への騎乗が多い酒井騎手の出番であったような気も、今となってはしてしまう。

初逃げのロジャーバローズは、総合力で粘り込んだが、何となく、どの馬についても、2:11.9という時計に対する適応力が足らなかった印象もある。

歴史的快時計でNHKマイルCを圧勝のキングカメハメハの産駒が制し、不滅のオークスレコードを叩き出したジェンティルドンナの近親が逃げ粘り。

ちょっと考えたら、わかりそうなものだが、それは理屈ではないから…。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方