2019年エプソムC レース回顧

JUST競馬予想ブログ

エプソムC -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

雨のせいですね。

そんな感じの結果としか思えない。

32.9秒の重賞の上がりなど、なかなかにあり得ない。

高速馬場に突然の雨は、馬場悪化の要素とはならないが、芝の表面部分に与える悪影響は、ずっと雨が降った後よりもはるかに大きくなるとされる。

みんなで気をつけながら走っていたら、そもそもサラキアなどが逃げるはずのないレースだから、久々にやりたいように競馬をできた、兄超えもデビュー当初は有り得たレイエンダの好位付けで、もはや、先週の安田記念とは意味合いの異なる、どうにもならない先行残りのゴールシーンとなってしまった。

考えてみたら、筆者は本線の方で当てておきながら、連対した2頭とも、昨年は完全に条件クラスに降級になっていた格下馬だ。

この出走頭数だから、きっと、サラキアもマーメイドSなど登録していないので、レイエンダも一緒に出てきたはずだが、今までなら必ずしも、ここに拘る必要性などなかった。

そんな馬が、もっと頭数の少なかった鳴尾記念では馬券に絡めず、今週はワンツーフィニッシュ。

雨が苦手なような気がしていたというより、人気になる時に限って、何故か妙に雨に祟られるミッキースワローは、捲って出ようともちょっとは考えたはずの横山騎手を諦めさせるように、直線でもみんながで手応えよく…、の流れで、直線はギブアップ。

一方で、イン強襲の雨待ち男・ブレスジャーニーが、男・戸崎と最高の競馬を試みるも、前の2頭に楽な流れで、その前に動かした分も含め、中途半端な馬場状態が最後は影響して、若い頃のキレまで出せずに、最後は置かれた。

変な展開だから仕方がない。

そう思えないところも、実は結構ある。

行こうと思えば行けたダノンキングダムも、3戦連続2着がいかにもっぽくも映るプロディガルサンも、前走の騎手が乗っていてもおかしくない状況で、結果的に乗り替わり。

逃げて結果を出して、軌道に乗せたところのある三浦騎手のダノンキングダムが、今回どうしても行けなかったのは、単に外枠だったからでも、雨馬場になってしまったからでもない。

前走があまりに鮮やかで、川田騎手が本来の彼の姿を引き出したように、一瞬でも映ってしまったからに他ならない。

両者とも好調であり、レーン騎手もバンバン重賞勝ちを収めているし、力のある馬に乗せてもらえる立場にあった。

が、何故かサラキアが先行し、レイエンダが最高の番手付けをしている時に、その後ろにいるだけでは、あまりに切ない。

その前に何もできなかったにせよ、つつくくらいのことはできたはずだ。

それもまた、そういう裏の事情の影響があるのだ。

安田隆行厩舎も国枝栄厩舎も、GⅠ最有力馬を今年もターフに送り込んだが、ルメール騎手が藤沢厩舎の馬で勝ち、それと同厩のコントラチェックで勝った丸山騎手が2着になるも、オークスで騎乗のレーンには出番なく…。

チグハグな結果を象徴するような伏線は、きっと、ソウルスターリングが出走不可になったことから、何かが起きる予感があったという感じもする。

天下の武豊が、先週のことくらいで小さくまとなるはずがない。

雨があまり得意ではないタイプをすんなり先行させ、レースを締めていたら、有力馬にはもっと戦いやすかったはずだ。

いやはや、皮肉なものである。

ソーグリッタリングには、浜中騎手が合っているのだろう。

よく最後は伸びてきた。この力関係で、謎の57での好走には価値がある。



* * * * *

3万円以上の万馬券を取りつつ10万馬券を狙う!
実力No.1の指数提供サイトが絶対に認めない意外な活用法


無料で利用できる実力No.1指数の裏ワザ的な使い方で、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。
03/03 阪神12R 200,880円 的中
02/16 小倉01R 153,140円 的中
02/09 小倉06R 109,670円 的中
02/03 京都11R 141,960円 的中
02/02 京都03R 212,970円 的中
01/27 中京09R 185,870円 的中

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方