2019年マーメイドS レース回顧

競馬予想ブログ JUST

3角までは最後方… マーメイドS回顧

読了までの目安時間:約 3分

 

見るからに荒れそうな気配のあったスタートの内枠の攻防から、先行争いの伏兵陣の動きと、その割にペースは普通で…。

筆者は一応、サラスくらいしか狙いの中心にしようと思う馬がいなかったから、その動きをずっと見ていたわけだが、れによって、大きな体が牝馬戦にはフィットしないことを示すように、内のごちゃつきでしっかりと位置取り争いに後れ、ロスはないコース取りとはいえ、3角までは最後方の内。

松若騎手は最初はある程度位置をとろうという意思は見せたから、センテリュオマークのポジションになったことが結果的に悪かったとも思えない一方、これで勝てるというのは…、という展開であった。

先に抜け出したのは、外から一頭素晴らしい脚を使って勝負を決めたようなところのあったレッドランディーニ。

前走の内容は上々も、連続好走などめったにしない馬が、こちらはそんなに大きな馬ではないから、揉まれずして抜け出せたのは、明らかに外枠の利があった。

センテリュオも最後は伸びてきたが、コース取りが難しく、掲示板の下の方がいっぱい。

結果的に追い込み決着になったのは、それほど適性も力も優位ではない馬が、ミドルペース程度の展開を自力スパートしたからだろう。

よって、昨年は内から抜け出しの差し馬同士の決着になったが、今年は馬場も少し重いので、豪快に差す馬に有利に働いた。

いや、それが普通なのが阪神の2000M。

まず、外回りの1800が得意な馬には、まるで出番なしの展開だったろう。

正攻法のモーヴサファイアでさえ、ハービンジャーのはずなのに、掲示板には載れなかった。

50のアドラータが逃げ、51グループの伏兵やトップハンディ55のフローレスマジックが動いたことで、流れには乗れなかったが、独特の味わいがある差しタイプのサラスが重賞制覇。

一応当てたはずなのに、何だかキツネにつままれたような気分なのは、どうしてだろうか。


-----

【特集】10万馬券は誰でも獲れる!
 ~ 競馬指数を使い1000倍以上の配当をGETする方法とは?

競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ 『裏ワザ』 を考えてみました。以下は最近の10万馬券的中例(3連単)。
09/28 阪神09R 113,180円 的中
09/14 中山06R 206,840円 的中
08/25 小倉08R 125,180円 的中
08/11 札幌11R 143,000円 的中
08/10 小倉02R 126,480円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方