2019年新馬戦レース回顧

JUST競馬予想ブログ

短距離カテゴリーの東西2戦ほか 新馬回顧<6/8・9>

読了までの目安時間:約 3分

 

雨の季節がやってきて、東西とも、土曜競馬は渋残りより湿った稍重で、曇天の下での新馬戦となった。

そんなことだから、短距離カテゴリーの東西2戦とも、おかしな結果になってしまった。

スタートから12秒以上のラップが4連続の阪神1200戦は、人気の血統馬が力を出し切れず、ジャイアンツコーズウェイ産駒のシャマーダルを父に持つトリプルエースの一撃に屈した。

これが母父サンデーで、2着馬の父はキズナ。

ミスプロが入っているかどうかが勝負を分けたのかもしれないが、かなり特殊な展開だったことは間違いない。

東1400戦も、人気のルメールが外からもう一押し足らず、インから抜け出しの2頭を負けせずという、先週も見た展開に。

勝ったのは、ゴール前差し切りのグランチェイサー。

一応、小倉2歳S勝ちのデグラーティアの近親にあたるダイワメジャー産駒なのだが、母がシルヴァーホーク×カーリアンだから、2勝目がずっと先の1800だったりするかもしれない。

日曜日は東西で含水率が違ったはずだが、より渋った東京の方が良の阪神よりも馬場質は軽かった印象。

その意味で、直線で反応今一つだった東京1800のワーケアの勝ち方は、抜けていた。

結局、ゴール前では流すくらいの余裕があったが、そこはこの時期のハーツクライ産駒。

当然のモタモタ感がついてきて、父のことをよく知るルメール騎手だからこの泰然自若とした振る舞いも、最後の伸びに繋がったか。

オープン馬ダノングレースの半弟で、ガッツリヨーロピアンではない配合も、トニービンの鈍重さを引き立てない要素であり、活躍が期待される。

阪神は本命候補が直前の除外。

影響したかはともかく、内からスムーズに立ち回った馬が最後は抜け出し、先行押し切りのキズナ産駒・ルーチェデラヴィタが初勝利を挙げた。

母父トウカイテイオー、母母父はリアルシャダイだから、トウカイポイントと配合の形は同じ。

この馬は牝馬だから、ゆくゆくは右回りの関西圏の芝でバリバリ活躍するかもしれない。



* * * * *

3万円以上の万馬券を取りつつ10万馬券を狙う!
実力No.1の指数提供サイトが絶対に認めない意外な活用法


無料で利用できる実力No.1指数の裏ワザ的な使い方で、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。
03/03 阪神12R 200,880円 的中
02/16 小倉01R 153,140円 的中
02/09 小倉06R 109,670円 的中
02/03 京都11R 141,960円 的中
02/02 京都03R 212,970円 的中
01/27 中京09R 185,870円 的中

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方