とりあえず先行した組がバテたゴール前の攻防

JUST競馬予想ブログ

2019年 プロキオンS レース回顧

読了までの目安時間:約 3分

 

隣の隣のオールドベイリーが枠入りも半数を過ぎたあたりで、前扉をこじ開けてゲートから飛び出してしまった。

隣の隣のマテラスカイは少々気分を害しただろう。

しかし、隣のアルクトスとミッキーワイルドは、サクセスエナジーのファイトによって生まれた差せるチャンスを何とか活かせた。

直線の長い中京で、急坂もあるコース。

本当はこのコースにマテラスカイは死角はあったということだろう。

稍重馬場も直前のダート1200レコードの流れも、マテラスカイには味方せず…。

直線の激闘を制したのはアルクトスなのだが、途中まで競り合ったミッキーワイルドとは、若干の距離適性の差も出た気がする。

昨年は1200型の超絶スプリンターであるマテラスカイのレースであり、最後の底力発揮の舞台としたインカンテーション以外は皆短距離型だった。

今年は違う。

東京のマイルに勝ち星があり、勝ったアルクトスは1年前の福島1700での快勝の記録を持っていた。

ミッキーには1700以上の出走経験はないが、芝で2勝した<共に1400>実績がある。

ゴツいのはむしろ、ミッキーやアルクトスだったのではないか。

今年は昨年より速かった33.3秒の序盤の流れに加え、妙に競馬が上手になりすぎて、誰もついていけない流れを自ら作るまでのガムチャラさがなくなって、結果的に、サクセスエナジーの逆襲に屈することになったマテラスカイ。

本来、この競馬はスピード馬優先の重賞なのだが、1:21.2の高速決着になりながら、とりあえず先行した組がバテたと言えるゴール前の攻防から、何か、フェブラリーSの前哨戦的な趣があった。

翌春の激走に繋げたマテラスカイの登場から1年。

スピードもオープン級であると証明した4歳の2頭にとって、通常レベルの時計が出る東京のマイルは、きっとベストである。

マテラスカイはもう、1400Mで過激な競馬はできない。1200戦を狙って使っていきたい。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方