レパードS レース回顧

競馬予想ブログ JUST

レパードS レース回顧

読了までの目安時間:約 4分

 

先週も田辺騎手がテン乗りでの重賞勝ちだった。

先週は千直の専門家に騎乗。馬任せのレースで完勝だった。

今週のレパードSは、休み明けで混戦模様のダート重賞。

おまけに白毛。何より今回は人気薄の休み明け。

初勝利がシラユキヒメの系統に関わらず、2戦続けて使われた芝の1800Mだった。

それも新潟。

異例尽くしのハヤヤッコを最後にアシストしたのは、大型馬がちょっと多い一族の割に460kg台の馬体の影響か、妙に貧弱な面のあるキャラではないこともあり、前述の芝の経験も含め、これが9戦目という、有意義な敗戦も多かったことが、乱戦と言うに相応しい厳しい流れへの対応力に繋がった面はあるだろう。

田辺騎手が絶好調なのは、福島の競馬が始まる頃から…、というパターンが定着化しているので、それは別に不思議なことではないが、この展開は異様そのもの。

出来絶好と見えたデルマルーヴルや勝負所で勝ち馬との進路の差があまりにも残酷に影響したヴァイトブリックが、序盤は敢えて下げたくらいの位置取りからも、十分に感じ取れた。

半数近い馬が先行ポジションを奪い合い、その中にはスピード自慢のサトノギャロスもいた。

60秒ほどの展開は、道悪だとしてもコーナー4つで、ましてやその作りが他場よりタイトな新潟では、相当タフな展開を生み出す主要因となる。

うまく内を捌けたデルマルーヴルもほぼ完璧の抜け出しだったが、きっと、展開的には、普段ならあまり出番のない外からの追撃組、今回ならばそれはハヤヤッコであり、4着ブルベアイリーデなど、不利がなければだった6着ヴァイトブリック等が、勝ち運を競うゴールシーンになっていたのだろう。

イン強襲で味な競馬を完遂した3着トイガーも際どかったが、前走の大井での脚がそうであったように、本当はすんなり外に持ち出せたら、もっといい脚を使えるタイプのように思う。

ヘニーヒューズで大型の追い込み型といえば、連続3着でここも勝ちきれず、シリウスSで大駆けしたケイアイレオーネにも似ているが、キャラがなんだかまだ定まっていない。

時計の掛かるタフな中距離重賞に向く差し馬に育てるには、勝機をモノにする必要があるわけだが、人馬とも、まだそういう巡り合わせで幸運を引き当てるまでには至っていない。

きっとそれが、ジャパンダートダービーだったのかもしれない。

歯痒い日々がまた続くか。

芝デビューからの転身で成功したダートのトップホースは枚挙に暇がないが、オープン未勝利馬で中10週以上経て参戦の伏兵がレパードS勝つのは史上初。

まだ10回しか歴史がなく、データを取り直す必要性が生じたクラス分け制度の改革の副産物が、アイドル系の血統馬の勝利という形で出たのだとすれば、良馬場で驚異の1:49.5を叩き出した初代覇者・トランセンドのような馬は、もうここからは現れないということなのか。

ハヤヤッコには罪はないが、3勝馬が多数いながら、伏兵の2勝馬が2頭絡んだあたり、理想の抜け出しを安全策をとって外からの進出を選択したヴァイトブリックの4角の不利の影響は、あまりにも大きかった気もする。

これもまた、ローカルならではの展開なのだろう。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方