北九州記念レース回顧~昨年2着馬の見事な変わり身

競馬予想ブログ JUST

北九州記念レース回顧~昨年2着馬の見事な変わり身

読了までの目安時間:約 3分

 

気づけば昨年も出ていた馬がゴールシーンの上位グループに顔を出していた。

その中で、外差し競馬を見事に利用して、昨年の2着馬であるダイメイプリンセスが、死に目の内枠でも踏ん張った前走の新潟での好内容をステップに、見事な変わり身を見せた。

スタートから終始怪しい感じでも、直線で壁になるリスクをとって、上がりが掛かることを想定した競馬で最後は不利をものともせず追い込んだアンヴァルも、持ち時計が芳しくない中で、北九州記念としては異例の8秒台の決着を利して、しっかりと上位争いに加わった。

惜しいのは、その他牝馬、人気の高速型と思えるディアンドル、モズスーパーフレアだろうか。

例年の32秒台のあるあるの流れになりながら、35秒近い上がりになる異例の展開は、中山ではないことを考えると、想像以上にタフな障壁が直線にあったことになる。

スピード自慢ながら、相手を見ながらの競馬で納得の結果を出したモズの松若騎手とこの時期の3歳牝馬にとって全くうまみのない52のディアンドルをしっかりと走らせた北村騎手は、何も彼女たちの将来を悲観する必要などない。

むしろ問題は、スプリントに切り替えて結果を出せる馬に育ったミラアイトーンと後ろの方でもがき続けたファンタジストであろう。

何せ、お世辞にも絶好調とは言い難い+26kgのモズスーパーフレアは、中身の濃い人気馬でも納得の4着なのだ。

展開的にぴったりのはずのミラアイトーンは絶好の仕上げに見え、ファンタジストも増減なしでパドック気配も良好。

牝馬が活躍する時期とはいえ、夏だけ走るダイメイプリンセス以外に牡馬のタフさを見せつけられなかったというだけでも、なかなかに情けない。

筆者は別に注目すべきというほどは推していない相手候補ではあったが、当然、本線に入れていた組だ。

もみくちゃにされても頑張ったアンヴァルと比べたら、実にぬるい競馬。

残念としか言いようがない。


* * * * *

【特集】無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで驚異の回収率

08/10 札幌6R 買目26点で 3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で 3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方