競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

ローズS 回顧 ダノンファンタジーがレコ勝ち

読了までの目安時間:約 4分

 

序盤が遅すぎたので、アルティマリガーレのスタートは完全にアウト。

そもそも、誰も行きたくはないという状況で、人気のダノンファンタジーがよりによって逃げられるようなスタートになったものの、流れがほとんど破綻するような何度も先頭が入れ替わる展開となり、結果、正攻法の抜け出しは早め進出のビーチサンバで、その後ろにつけた捲り進出のウィクトーリアが叩き合いに持ち込むも、共に競り勝つのが苦手なタイプだったからか、今一つの弾け方で、結局、2歳女王のダノンファンタジーが差し切るという形で終結した。

シャドウディーヴァ辺りにも期待したが、正攻法が合わないというより、まだ若いトニービンの入った馬には、入れ代わり立ち代わりの展開を牽引するのは良くない。

母も早仕掛けを失敗した母スイープトウショウのセレリタスは、どういうわけだか、いや、正しいペース判断で早めの先頭。

しかし、アルティマリガーレとかが積極的に動いてきた時に、2、3着の経験豊富なオークス組が一緒についてきたから、これはもうアウト。

父ハーツクライはそんなに器用ではないから、神戸新聞杯ではむしろ、キングカメハメハに力の差をよりつけられるようにして負けた、という経緯もある。

ダノンファンタジーが差してきた。

いや、一度としてブレなかったはずの馬が、休んで気持ちも充実していたライバル・グランアレグリアとの再戦で、自らを見失うような不甲斐ない内容で、桜舞台を正攻法で戦えず終わっていた。

筆者はオークスなら、それは解消されるはずと思ったが、速い流れはみんなの読み通りでも、如何せん、馬場が速すぎた。

オークスもダービーのようなタフさは求められるから、毎度差し馬は来るが、重賞すら使っていない2頭や次もライバルとして登場するクロノジェネシスらにも見劣った。

ここは普通のレースになるのではないか。

結果は、否だった。

しかし、2戦目からしっかりと川田騎手が仕込んだ差し脚で、ペースが大分おかしな感じになっていたものの、それこそ、1年前のファインニードルのような落ち着いた騎乗で、勝利に導いた。

ダノンファンタジー自身は、タフさを身につけたというより、この夏の間に、冬をうまく乗り超えたグランアレグリアのような迫力の競馬を取り戻したという感じだろうか。

特に成長をする馬ではなく、いかにハイクオリティのエンジンを安定して活用できるようにする、その準備が重要となる持続型の馬であろう。

だから、レコードウインとか相手がどうとか、少なくとも次の秋華賞では重要ではないことになる。

もっとスムーズに流れてくれれば、それはそれでやりやすくなるが、例えば、ウィクトーリアやビーチサンバは本番のストロングペースに向けた準備のようなものを、前哨戦で完遂できた雰囲気もある。

鋭い武器ではないシンザンのような安定的追撃を可能とする末脚は、クリスチャンが暮れの阪神で開発した追い込みの中に、川田騎手のチャンネル選択の重きが置かれる可能性はある。

スイープトウショウのように、の意である。

ウィクトーリアが前に行ったらどうなのか。紫苑S組のスピードは本当はどのレベルなのか。

クロノジェネシスは順調なのか。

ビーチサンバは今更怖くはないが、これを残す時に訪れる絶望の瞬間は、きっともう立ち直れない状況を示す勢力図の更新に他ならない。

ウィクトーリアが動けるかどうか。何が逃げそうか。

昨年は正攻法を選んだ伏兵の川田だったが、今年は違う。

川田騎手の考えを読み切ってこそ、秋華賞の展開予想が成立する、そんな流れがこのトライアルの結果の副産物なのではないだろうか。


-----

【特集】10万馬券は誰でも獲れる!
 ~ 競馬指数を使い1000倍以上の配当をGETする方法とは?

競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ 『裏ワザ』 を考えてみました。以下は最近の10万馬券的中例(3連単)。
09/28 阪神09R 113,180円 的中
09/14 中山06R 206,840円 的中
08/25 小倉08R 125,180円 的中
08/11 札幌11R 143,000円 的中
08/10 小倉02R 126,480円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方