競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

神戸新聞杯 回顧

読了までの目安時間:約 4分

 

どちらが前にというよりは、どちらが余裕をもって直線に入れるか。

上がり3Fでは測れないスピード能力の差は、秋の天皇賞に向けてのステップには理想的な走りとして、結果に表れた。

だから、スタミナ勝負に持ち込めるような雰囲気になかったヴェロックスは、あくまでもトライアルという競馬に終始するしかなかった。

直線入り口では、まだヴェロックスにも抵抗できるような雰囲気はあったものの、坂にかかる辺りからの反応は、どうにも抗う手段を他にも与えないものがあった。

こういう能力は、明らかに母シーザリオの持つ底力のもたらすスケール感ではない。

素晴らしいスプリンターになった時から、スピード勝負のマイルもこなせてしまう真のスターになれたあのロードカナロアの血を引く証である。

凝縮して発揮された瞬発力は、その後の前途における参考材料となることもあるが、すでにGⅠ2勝馬。

改めて、しっかりとしたチューニングを大一番の後に施されたサートゥルナーリアは、その実力が本物であることを、まずは同期相手には示せた。

キングカメハメハとハーツクライは、宿命のライバルになる前に道を違えてしまったが、孫のこの人気2頭には、そういう姿がまるでそっくりそのまま体現されている。

ハーツクライの仔ジャスタウェイは、ダービーの後は毎日王冠だった。

それは今年もダービーでは2着だったディープ産駒のダノンキングリーが、どういうわけだか奇妙なリンクで、ジャスタウェイみたいな進路を進んだ。

さて、そのジャスタウェイやロードカナロア、まだまだこの時期は本格化する前だったハーツクライが、どういう過程でタイトルホルダーになっていったのか。

スプリンターであったロードカナロアは、まず秋になって下げる手段を講じていって、年明けの一戦は、直線勝負型に転身する完成形の一端を示した。

ジャスタウェイはダービーを機に福永騎手から乗り替わり。

ロードカナロアも4歳夏までに結果が出せず、秋かは乗り替わりで真のトップホースへと昇華していった。

しょっちゅう誰か代役はいかないかと乗り替わっていたハーツクライは、JCや有馬も春天も挑む経験値を積むタフガイ作りの作戦で、4歳春にまた成長し、宝塚記念で2着。

ジャスタウェイはずっと勝てずに、秋天で何かをぶっ壊すようにジェンティルドンナを粉砕するまで、色々な競馬場で研鑽を積んだ。

キングカメハメハは狙いのローテでほぼパーフェクトの成績を残したのに対し、それはどこか孫のサートゥルナーリアに通ずるものがあると気づくわけだが、では、ジャスタウェイでもハーツクライでもないヴェロックスに、2代父系にはない早熟性の発揮が成しえたのかというと、祖父は2戦目きさらぎ賞3着、父は新潟2歳S2着だったのだ。

「余力を残しつつ、成長を促すローテを作れた」

デビュー早々、オープンクラスで目途を立てたことで、結果、消耗するローテを選ばずを得なくなったのに対し、キャリアの重ね方が無難なヴェロックスには、それでもクラシックを勝てなかったということで、更なる飛躍が秘められていることになる。

出来が良すぎるサートゥルナーリアには、早くから万能性が備わっていた。

神戸新聞杯も、あの苦しかったホープフルSの経験が活きた面がある。

ヴェロックスには何があるか。もっと前に行けるように。

距離延長は菊花賞のパドックを見るまでは絶対的なアドヴァンテージと断言できない一方、走り切れなかったことで生まれる余力を、この日も残すことができた。

3歳春の逆転はたまたまかもしれないが、血筋の通りの成長曲線が見られたことで、今後の道も父系の刻むそれをなぞっていくことがよく判ったという収穫が、良くも悪くもはっきりした一戦であった。


-----

【特集】10万馬券は誰でも獲れる!
 ~ 競馬指数を使い1000倍以上の配当をGETする方法とは?

競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ 『裏ワザ』 を考えてみました。以下は最近の10万馬券的中例(3連単)。
09/28 阪神09R 113,180円 的中
09/14 中山06R 206,840円 的中
08/25 小倉08R 125,180円 的中
08/11 札幌11R 143,000円 的中
08/10 小倉02R 126,480円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方