サウジアラビアロイヤルC 回顧

競馬予想ブログ JUST

サウジアラビアロイヤルC 回顧

読了までの目安時間:約 2分

 

スタートをちゃんと決めた時点で、勝負あり。

アブソルティスモがいいペースを作ったというほどの展開ではなかったものの、単純な決め脚比べには持ち込ませなかった分、人気のハーツクライ産駒には、徐々に加速するような中距離的な展開の根幹距離戦は有利だった。

今年は既に、新潟で踊るように2戦2勝としたウーマンズハートが登場しているハーツクライ産駒。

出世レースとしてあまりにも有名になったサウジアラビアロイヤルCと、既述の新潟のチャンピオン戦、その両方を4歳の有馬記念で初タイトルのハーツクライの産駒が完勝である。

今回の主役・サリオスは、きっと、新馬戦以上に無理に使わせないつもりだったように思う。

プラス体重になった540kgの馬体は、ヨーロピアン型の配合馬としては、特殊な超大型とはならないものの、ドイツ血統の馬で大型の馬で活躍した馬など、記憶にない。

ディープもエイシンフラッシュも、その昔のランドも500kgを超えるほどの大きさはなかった。

その分、素晴らしい瞬発力を持っていた。

何だ、そういうタイプなのか。

新馬戦で体のサイズではふた回りほど小さかったアブソルティスモが、今回はより差が開いたにもかかわらず、今回もキレ負けのアブソルティスモなど、いくら攻め馬をしたところで、キレ脚など高が知れているようなパワータイプなのに対し、一見、ボテッと映っても直線で今回も、何と新馬と同じ33.1秒で走れてしまったサリオス。

牝馬のキレが持ち味という点がウーマンズハートと似た感じのクラヴァシュドールなど、全く相手にせずに見えた坂上の走りは、これからまだエンジンがかかるという雰囲気、余裕を感じさせた。

この中で勝負付けは済んだ。

追い込み方が難しいように見えるサリオスの課題は、もう、揉まれた際の対応力のみとなった。

伸びしろしかないレコードホルダーほど、頼もしい存在はいない。


-----

【特集】10万馬券は誰でも獲れる!
 ~ 競馬指数を使い1000倍以上の配当をGETする方法とは?

競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ 『裏ワザ』 を考えてみました。以下は最近の10万馬券的中例(3連単)。
09/28 阪神09R 113,180円 的中
09/14 中山06R 206,840円 的中
08/25 小倉08R 125,180円 的中
08/11 札幌11R 143,000円 的中
08/10 小倉02R 126,480円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方