2019 凱旋門賞回顧

競馬予想ブログ JUST

嗚呼、ダメか – 凱旋門賞回顧

読了までの目安時間:約 3分

 

勝ったヴァルトガイストは、古馬の前哨戦であるフォア賞を快勝していた。

キセキが全く歯が立たなかった相手。

血統はガリレオ×モンズーン。こんな血統の馬を日本で連れてこようなどとは思わない。

ということは、しっかりと対応しているように見えたのは前半だけだった日本三銃士たちは、直前の雨というより、ずっと雨というコンディションによって変質した、キセキでも対応不能のかなりソフトな重馬場を、本当の意味での敗因とすべきか否か、一度考えないといけないのである。

今回ばかりは、ニューマーケット滞在の表立ったメリットが、直後に出てくることはない。

あの好位置にいて、フォルスストレートを前に、ほぼギブアップだったのだから。

キセキだって、元から素直な優等生ではない。3歳夏に、新潟で衝撃的なタイムを叩き出した馬である。

JCレコード決着最大の立役者。

その昔というか、最初の凱旋門賞に挑むときから、本命馬のエネイブルは道悪がいいとは誰も言ってこなかった。

わからなかったというか、シャンティイアークの重馬場以外、後はキングジョージ2勝時のソフトコンディション中レベル程度の稍重しか経験がなかったのだ。

シャンティイは前年が、凄まじい時計の勝負になったが、実は、昨年の改修後最初のロンシャンアークの良馬場のタイムの方が、ちょっと遅い。

今年はもっと遅い。

道悪は敗因であろう。

サドラーズウェルズの同系配合で、その3×2。

父ナサニエルにはお馴染みシルヴァーホークの名が母父に入り、母の系統にもミルリーフやニジンスキー系の種牡馬が入っている。

ディープは良馬場でも、スピードが勝ちすぎてシロッコ共々、好勝負までは至らなかった。

結果的には一番とされたが、あの禁止薬物問題も発生。

本質は、その他2着の面々と変わらず。

ベテランコンビにしてやられた今年の凱旋門賞は、やや新鮮味に欠ける基本的な道悪適性が優先されて、新入りにはあまりにも過酷なレースとなった。

距離適性の問題。日本馬の本当の敗因は、その不適であろうと思う。

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方