富士S 2019 回顧

競馬予想ブログ JUST

富士S 回顧 – ハービンジャー×ルメールらしい後方待機策から直線一気のノームコアV

読了までの目安時間:約 3分

 

ハービンジャー×ルメール。

今や、前記録となったマイル戦における金字塔を打ち立てたノームコアは、ホームに戻ったレーン騎手ともに、不安もある中での激走で、初タイトルを勝ち取った。

その時から、いや、うまくスタートが切れなかった愛知杯の時から、意外とストレートにおけるロングスパートが決まるタイプという手応えがあった。

愛知杯の時のような…。

流れる可能性は十分にある条件に加え、ハービンジャー産駒に対して正確なイメージを捉えているルメール騎手らしい後方待機策から、直線は一気の伸び。

さすがはGⅠ馬という決め手で、かなり骨っぽい相手を一刀両断に切り捨てた。

時計はそれなりに出る渋馬場は先週というか、月・火開催の雰囲気にそっくり。

誰が直線に入っていい脚を使えるかと、みんなで考えを巡らせたわけだが、レイエンダとか東京マイルの隠れた鬼であるレッドオルガなどもきっちり走った。

ダメだったのは、半年近く実戦から離れていた3歳マイル王のアドマイヤマーズと高速レースで走りすぎた関西馬。

クリノガウディーという馬は、どういう相手でも頑張るけど、差して粘り込むというスタイルでないと強烈な決め手はないから、きっと東京は向いていない。

左回りは克服したが、かなり渋った馬場で1:33.0の勝ちタイム。

内から真っ直ぐ走らせられず、立ち遅れを全面カバーならずだったカテドラルなどと同じグループに入る、危険な魅力があるGⅢの主に育っていくのだろう。

どちらもいずれは、コーナー4つの2000Mをこなせるようになるだろうが、その逆を行ったノームコアに倣うなら、ロジクライのような正攻法型の1400巧者の道もあったりする。

斤量などの要素も踏まえると、ノームコアの再びの快走は、単なる格相応の結果というよりは、重賞制覇に求められる水準の再確認に役立ったようだ。

理由もなく東京マイルは荒れない。穴党も少し攻略法の修正が必要になった。


* * * * *

3万円以上の万馬券を取りつつ10万馬券を狙う!
誰でもカンタンに1000倍超の配当をGETできる方法

無料で利用できる実力No.1指数の裏ワザ的な使い方で、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を当サイト特集ページで完全無料公開しております。
10/20 東京12R 279,520円 的中
10/05 東京05R 128,270円 的中
09/28 阪神09R 113,180円 的中
09/14 中山06R 206,840円 的中
08/25 小倉08R 125,180円 的中
08/11 札幌11R 143,000円 的中
08/10 小倉02R 126,480円 的中
 ↓ ↓
10万馬券攻略法 特集ページ

  

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方