2014神戸新聞杯

JUST競馬予想ブログ

神戸新聞杯(2014)検証

読了までの目安時間:約 3分

 

よく勝った。それでは困るのだが、あくまでもここは、
「サトノアラジンでも五分なのでは」
という、上がり馬にももしも、の可能性が多分にあった前哨戦であり、また適性探りの競馬だったのだ。
それは、結局ダービー馬ワンアンドオンリーにとっても、当面のライバルであるサトノアラジンをとりあえず潰しに行って、そのあともとりあえず格好がつけばそれでいいという横山騎手のトライアル的騎乗に繋がったのだと思う。

混戦になっても不思議じゃない。その代わりに、菊花賞への手ごたえを得るためには、ただ本来の差し追い込みの策をとっても意味はない。
この先にあるものを追いかけた時、少しダービー馬を意識しすぎたサトノアラジン&浜中コンビが、ちょうどいいマーク相手となった。
直線どうなるかはともかく、調子が悪いわけでもないのだから、ダービーくらい走ってくれれば何とかなる。結果、その通りになった。
鞍上はおそらく、この馬の渋といところを理解していたはずだ。

そこで注目すべきは、ダービー11着だったサウンズオブアースの追撃だろう。
競り合いにまで持ち込むとは思いもしなかったが、好時計決着だった京都新聞杯でハギノハイブリッドの末脚には屈したものの、壮絶な2着争いを制して、勇躍東上を決めた経緯もあり、その時に、またダービーで得た強い相手と戦うために必要な何かを、ここぞとばかりにフルに繰り出した。
ネオユニヴァース産駒らしい渋く長い持続力のある末脚を武器に、ダービー馬へ真っ向から挑んだ結果、頭の差だけ競り負けた。

結果的に、併せずに行けば、もっと内の枠に入っていたら…、なんて差だったから、やっぱり勝ちたかったところだが、休み明けということはダービー馬と同じなのだから、まあ仕方ない。重賞の箔もない馬の事。
ここから上昇することだけを望んでいけばよい。
藤岡師&騎手の親子鷹にも注目。この馬のよさを引き出せるタイプかもしれない。

トーホウジャッカルは間に合わなかったものの、姉アマポーラ同様末を活かすのがベストのタイプだということがわかっただけ収穫。
どの道菊は使うのだろうが、2000M近辺の接戦では面白い。

さて、2番人気のアイツについてだが…。正直、思った通り。共同通信杯でイスラボニータに全く歯が立たなかった時から、本質的な底力のアップは考えにくいし、やはりこの条件がタフすぎたはずだ。
今から中距離に絞って使っていくもいいと思う。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方