オジュウチョウサン、有馬記念を見据え九十九里特別へ

JUST競馬予想ブログ

有馬へ向けた試走

読了までの目安時間:約 2分

 

7月の福島、この夏のまた、3開催通しての最大のイベントとなったオジュウチョウサンの平地競走挑戦から、早1か月あまりが経過した。

この春の中山グランドジャンプを大障害からの直行で制したことから、充実期の今、多少のレース間隔の開きは問題にならないことを自らが証明している状況で、目標設定をする中での逆算されたローテーションが注目されていたわけだが、次走の予定が陣営から発表された。

古馬最下級条件とはいえ、久しく使うことすらできなかった平地レースでの圧勝を経て、9/22(土)中山競馬場で行われる菊花賞出走の裏ルートとしてお馴染み、1000万クラスの九十九里特別<芝2500>への参戦が、次なる目標となる。

極めて順当な判断であり、良識あるレース選択に、前走以上に注目を集めることになりそうだ。

鞍上は引き続き、武豊騎手。

オーナーサイドの以降、障害馬の目標設定の難しさ、もしかすると、オジュウチョウサンの父ステイゴールドの産駒や、母父シンボリクリスエスらが、有馬記念に対する極めて高い適性を示してきたこともあり、大目標は超古典的にして、オーソドックスな大レースの選択・グランプリ競走の有馬記念となった経緯がある。

障害の世界では、人馬とも、平地競走よりも重い斤量で長距離戦を戦うことから、若手の台頭は滅多に起こらないとされる。

同じ7歳馬では、ついこの前の函館記念でも、エアアンセムとサクラアンプルールらがワンツーを決めたことも、記憶に新しい。

全てにおいてニュートラルの状態で戦えるオジュウチョウサンの未来は、案外、明るいのである。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

ニュース

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方