2018年競馬ニュース&コメント

JUST競馬予想ブログ

もう一頭のロードカナロア

読了までの目安時間:約 2分

 

今年の2歳世代でも、既にファンタジスト、ケイデンスコールらが重賞を制し、ディープインパクトとの熾烈にして、異次元のトップサイアー争いを繰り広げているわけだが、ここ1か月は、特に凄まじいロードカナロア産駒の勢い。

前記のファンタジストが無敗のまま重賞連勝を飾ったのを皮切りに、2週目は重賞に縁がなかったものの、2歳戦だけで5勝、そして、ここ2週は主要レースをほぼ総なめ。

そのクライマックスがあのジャパンCであり、日本競馬の至宝にまで名を高めたアーモンドアイは、もはや、地球上のサラブレッド全体のトップホースとして認知されるようになった。

早くから活躍していたステルヴィオは、陣営には悲願のGⅠタイトルをプレゼント。

木村調教師も前途洋洋ならば、馬の方もシンボリルドルフと共通する一族の出身者として、その存在価値はあまりにも大きく、未来は実に明るい。

そんな中、今年の京都競馬を締めくくる京阪杯で1番人気に推されたのも、ロードカナロア産駒・ダノンスマッシュだった。

窮屈なポジションから、最後は内ラチ沿いを鋭く伸び、気づけば、伏兵陣を置き去りにしての見事な初重賞制覇。

「長い距離も短い距離も走る馬を出す凄い」

ダノンも父ロードカナロアも管理している安田隆行調教師にとって、このロードカナロアデーの掉尾を飾ったことは、実に誇らしい出来事だったはず。

「一回使って高松宮記念に行きたい」

世界を見据えるアーモンドアイとは違い、こちらは小さなことからコツコツと。

安田隆厩舎に入ったダノンスマッシュは、アーモンドアイと同じように、幸せな運命に導かれた競走馬生活を送っていくことになる。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

ニュース

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方