2018年第69回全日本2歳優駿

JUST競馬予想ブログ

ノーヴァレンダの押し切り勝ち

読了までの目安時間:約 2分

 

東京や新潟、交流重賞のある門別や園田の実績が、そのまま人気にも結果にも反映されることの多い全日本2歳優駿だが、輸送の経験や左回りでの好成績や必ずしも重要ではないことが、今年証明された。

川崎競馬場で19日行われた第69回全日本2歳優駿は、新馬戦の1角で突如画面から見切れて競走中止からその後連勝し、実質無敗のままGⅠ<JpnⅠ>に挑んできた珍エピソードを持つノーヴァレンダが、スタートからスムーズに好位につけ、同じ勝負服のガルヴィハーラとの早仕掛け合戦を直線で制し、ゴール前急襲したデルマルーヴルに際どく追い詰められるも、ゴール板まで並ばせず、齋藤崇史調教師共々、阪神JFであと一歩届かなかったビッグタイトルを、北村友一騎手ら人馬三者一気に初ゲットする快挙を成し遂げた。

重馬場のレースは、勝ち時計が1:42.8。

変な形で話題になった北海道2歳優駿の優勝馬で、ホッカイドウ競馬所属のウィンターフェルと、川崎の鎌倉記念を独走して3番人気に推された船橋のミューチャリーらも健闘したが、5着と6着。

中央所属馬が、5-2-1-4番人気の順にゴールした。

ただ、明らかに騎手人気が先行の印象は否めない。

重馬場だった未勝利の時計より、良馬場の前走・もちの木賞の方が2秒半以上速かったにも拘らず、ノーヴァレンダに注目が集まらなかったのは、北村友一騎手がまだ大きな舞台での実績が足らなかったからだ。

まだ大きなレースが3つも残る中で、こうした形で波に乗れずに敗れるのは、ファンとしても歯痒い。

誰よりも強気に動き、ミルコの勝負強さを封じたこの競馬には、勝負師して気骨のある彼の姿が凝縮されていた。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

ニュース

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方