2017年ダイヤモンドS

JUST競馬予想ブログ

ダイヤモンドS(2017)見解

読了までの目安時間:約 3分

 

いつ本気を出すか不明な部分のあるカフジテイクは、4勝全てが別の騎手という印象がまるで信じられない、なかなかの癖馬である。
こういう馬は面白いもので、体重の増減は少ない。
デビュー戦の526kgを頂点に、ダートばかりを使われていた2歳時に記録した510kgを底に、近15走は、普通は成長期にもかかわらず、518kgから増減4kgしか変動がない。

完成期のゴールドシップも、体躯に変化の出にくいタイプ。
フランス滞在時の体重はよくわからないが<恐らく10kg以上は増えていたはず>、500kg台の半ばを行ったり来たりするのが普通だった。
内面の変化が大きいタイプには、体調面の不安は往々にして生じづらいのだろう。

4歳春を前にして、既に18戦しているこの馬は、1年前から本格的に芝を使われ出してから【4015】と、一応、まともな使われ方をしている。
まあ、矢作厩舎だからそれは当たり前として、5度の着外は、実は超絶レコード連発の日の中京やオープン戦なので、これも至極当然の結果である。
ずっと長距離戦ばかりを使われている割に、その中で揺らめきがある戦績に疑問点はあっても、まじめに走らない日が多いから、乗り替わりの多さは敗因にもなってきたのだろう。

川田騎手とは芝では初めて。
軽いタイプではないので、多少は強引にでも動くのは手だろう。
アルバートより反応しない可能性がある一方で、古馬は実績馬ばかりでハンデもきつめ。
額面通り受け取る54の優位性は、このレースに関しては危険な賭けにはならないように思う。
3歳のハーツクライブームにここは肖りたい。

◎カフジプリンス
○アルバート
▲ファタモルガーナ
注ジャングルクルーズ
△フェイムゲーム、プレストウィック、プロレタリアト、ムスカテール

展開上はサムソンズプライド有利でも、専門家が多いだけに攪乱はできない。
ステイヤーズSの2頭は、両方消えるシーンが想像できないくらい、前走は中身の濃い内容だった。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方