2018年京都新聞杯<プリンシパルS>

JUST競馬予想ブログ

京都新聞杯<プリンシパルS> (2018)見解

読了までの目安時間:約 3分

 

今年は青葉賞と同等レベルくらいのメンバー構成で、登場最終便たる京都新聞杯が行われる。

ムーニーバレーRTがいつも間にかあずさ賞になってしまったものの、そこから勝ち馬であるアルムフォルツァが登場。

2勝馬が多く、同時に、重賞連対のある馬が少ない組み合わせで、激戦になることが予想される。

いつも何だかんで来る馬は、まず押さえたい。

ダービーに出たいなら、唯一の重賞連対馬であるグローリーヴェイズ、唯一のオープン級勝ち馬のケイティクレバー、またこの中では最高の成績を誇るGⅠ3着馬のステイフーリッシュもそう。

皆頑張って、17分の2の椅子を争うのだ。

そういう組み合わせこそ、真の底力が反映されるもの。

動くに動けないレースでチャンスを窺うような展開にはならないはずだ。

気性の問題というよりは、単に不器用なだけのような気もしないではないフランツに、デムーロ騎手が連続騎乗。

頃合いから見て、仕事人の出番という雰囲気。逆らう手はない。

一族はの英・愛におけるクラシック血脈の継承者であり、何故か10年ごとに大物を出している。

ヴィクトリー<伯父>の皐月賞制覇から11年、祖母の代の兄弟であるフサイチコンコルドが22年前で、その弟のアンライバルドは9年前のクラシック制覇だった。

そろそろというのは冗談としても、このディープインパクト産駒は、渋馬場の新馬戦も、大得意とする阪神1800でも勝っている。

いるようでいない、各血統の様々な特性を持ち合わせた才能とも言える。

どことなく、アンライバルドに近いタイプに思う。ブライアンズタイム×トニービンで、少し適性は長めにシフトしているか。

◎フランツ

○アルムフォルツァ

▲レノヴァール

以下、ケイティクレバー、ステイフーリッシュ等

プリンシパルSは手薄なメンバー構成。

それで14頭立てなら、ここまで全て2000M以上の競馬で、多頭数の競馬ばかり使われてきたワセダインブルーは確勝級に思う。

同父ハービンジャーのジャックローズと併せて、ここにも多く集ったディープ軍団を今週は返り討ちにしてもらいたい。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方