2018年スプリンターズステークス

JUST競馬予想ブログ

スプリンターズS展望

読了までの目安時間:約 3分

 

日本馬がどこまでやれるかという言い方は、香港などに行ったときに放たれる言葉となるが、明らかに下降線でも、香港のタイトルホルダーであるラッキーバブルズが登録している以上は、ちょっとは意識しないといけない。

南半球のオーストラリア産とはいえ、ヘイロー直系のセブリング産駒。

ヘイルトゥリーズンも薄っすらクロスされているくらいだから、良馬場で似たような配合のストレイトガールが勝ち切った年のような展開の利があれば、激走する可能性はある。

さて、そのラッキーバブルズに香港で先着していた春のチャンピオン・ファインニードルが、いよいよ登場する。

春の王者がセントウルSを勝つと、その後ろくでもないことが起きる現象が続いているから、昨年のような鮮やかな勝ち方をする必要があるとは思わない。

差し損ねでいい前哨戦から、どのように上がり目を見せられるか。

焦点は絞られ、また、きっと英国帰りの川田騎手が乗るだろうから、ほぼほぼ軸は決まりだろうか。

近年の傾向は、夏に押せ押せになっているような馬が、まず馬券に絡まないこと。

ちょっと前に、不良馬場の中牝馬がワンツーした07年の2着馬・サンアディユだとか、7月、8月に軽めのレースを連勝のワンスインナムーンなど、牝馬は来るけれども、レッドファルクスも完全に休み明けだったように、牡馬はここだけを目指している馬しか狙えない。

即ち、ファインニードルに準ずる程度の実績が必要となる。

無論、レッドファルクスであり、セイウンコウセイが伍して評価できる存在になるわけだが、敢えて、サマースプリント王者候補筆頭のアレスバローズを推したい。

ディープ×TBで、ヨーロピアン牝系という芝向き配合は、あたかも場違いのような気配も漂わせるものがあるが、そういう背景がある中で、後方から豪快に追い込んでくる辺り、さすがに上がり目はないレッドファルクスとの末脚比べで、ちゃんと流れた際の破壊力では、見劣ることはないはず。

酷暑の本州で2戦したら…、の不安を、どうにかして払拭してもらいたいが、無理する必要はない。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方