2018年JBC

JUST競馬予想ブログ

JBC諸競走展望

読了までの目安時間:約 3分

 


何となく、こんなもんだろう。

今までのオッズの付き方はそうだったのかもしれない。

日本競馬で初めて、競馬場が持ち回り制で行われるGⅠ<厳密にはJpnⅠ>が、よく考えてみたら当たり前なのだが、NARの総意で中央競馬での主戦場である京都競馬場での開催となった今年。

特段、やることは変わらないから、地元枠というのがあってないような組み合わせで、邪魔になる馬がどの程度増えるか、ということがレースの展開に影響を及ぼすということを考えていれば、大方筋違いの予想にはならないはずである。

さて、京都の1900MでわざわざGⅠをするのである。

そちらの方が、中央のレースを中心に見ているファンからすると、思案のしどころになるはずだ。

08年だったか、珍しく雪での中止ではなく、芝のダート変更で行われた開催があって、非常手段以外では普段使われることのない1900Mのレースが、久々に行われることになった。

1800Mより当然、1角までの距離はとれるし、騎手とすれば乗りやすい。

言うなれば、スタンド前の1800Mか2000Mの芝での発走で、どちらがより競馬がしやすいかという話と、本質は同じだ。

これが関係者に好評で、ちょっとしたら主催者側も気を利かせて、オープン特別も定着し、最近では重賞も正式に正規開催で組み込まれるようになった。

ファンも慣れている1900M戦に、早逝のアウォーディーを除く、ゴールドドリームやケイティブレイブなどお馴染みのメンバーが登場。

まあ、サンライズノアや小倉連勝からシリウスS2着のウェスタールンドなども、馬場状態によっては肉薄できるかもしれない。

それが1900M戦の魅力。

スプリントには何と言っても、世界レベルの快速馬になりつつあるマテラスカイがいる。

レディスクラシックでは、故障明け後パッとしないものの、実力面で、小回り向きとは言えないクイーンマンボが中心だろう。

船橋で鞍上の復帰戦を勝利したケイティブレイブと南部杯のゴールドドリームらは、前哨戦を勝つのは当然。

中京を見据えた戦いとなれば、京都で強気の競馬には持ち込まない可能性はある。

狙いを見極めていきたい。


* * * * *
少点数でコンスタントに超万馬券を的中させる方法を考案

3連単が3回に1回的中すると評判の「うまコラボ」指数を使って超万馬券を少点数で的中させる方法を考えてみた。(下記は30,000円以上の的中実績から抜粋)
12/22 阪神06R 55,810円 的中
12/22 中山10R 64,680円 的中
12/15 中京06R 69,430円 的中
12/15 阪神06R 33,630円 的中
12/09 中山03R 62,520円 的中
12/09 阪神10R 55,750円 的中
12/02 中山08R 42,820円 的中
12/02 中山07R 37,260円 的中
12/01 中山10R 44,210円 的中
12/01 阪神06R 30,250円 的中

 ↓ ↓
「うまコラボ」指数を使って超万馬券を少点数で的中させる方法

 

コラム レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方