2018年京都大賞典 レース展望

JUST競馬予想ブログ

京都大賞典 -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 


これを絶対買いたいと積極的に思える組み合わせではない上に、例によって、南部杯との兼ね合いもあって乗り替わりが多い。

手が戻ったのは、

シュヴァルグラン

レッドジェノヴァ

ただ、前哨戦のGⅠ馬とオープン未経験の4歳牝馬。

軸には厳しい条件である。休み明けでも、鉄砲駆けしない古馬が連対することも多いから、尚更、目標が先の馬や実績不足馬は中心視しがたい。

サトノダイヤモンドは策があるようで、全くないようなタイプだから、川田騎手にはぴったり。

勝つならここでは圧勝。

負けたら、きっと今の状況では、ゴールドシップよりだらしない結果に終わる可能性はある。

筆者の中では、宝塚不発で終わったと感じている。

少なくとも、ここで勝ち切ることはないと考える。連下まで。

スマートレイアー?まさかのサンエイゴールド、プラチナムバレット…。

怖くて買いづらい馬ばかりで、ほぼ5頭に絞られた。

で、鞍上が決まるか決まらないかの段階で、休み明けから案外動けるアルバートが、2400M以上なら決め手というより総合的な適性で突っ込んでくる可能性を信じるしかないと思い至った。

このレースを快勝し、勇躍JCに向かったインティライミの近親であり、母父は菊花賞で極限の決め手を炸裂させたダンスインザダーク。

京都では春の天皇賞しか使っていないようで、ステイヤーズS三連覇の足掛かりとなった最後の条件戦が、同じ京都2400M戦。

ここで豪脚を披露し、直後から3000M専門パートナーのムーアと4つのタイトルをゲット。

もうさすがに長くない現役生活の中で、このようなモレイラとの出会いは、ある意味で運命的。

鞍上の広い馬場での長距離適性も見えてくる。

◎アルバート

○ブレスジャーニー

▲シュヴァルグラン

注ウインテンダネス

△サトノダイヤモンド、レッドジェノヴァ

まだ、京都の適性が見えないブレスジャーニーに、本来長距離戦得意の和田騎手。

あとはズブばかりだから、突き抜けてしまっても何ら不思議ではない。

サトノダイヤモンドが好走しても、彼に差される可能性は想定される。



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方