2018年エリザベス女王杯 1ヶ月前展望

JUST競馬予想ブログ

エリザベス女王杯展望

読了までの目安時間:約 3分

 


過去問の回答例を展望の主材料としていく。

 
3歳傾向

フサイチエアデール

ローズバド

ファインモーション

アドマイヤグルーヴ-スティルインラブ

フサイチパンドラ

<ダイワスカーレット>

リトルアマポーラ

クラシックホースがコロッと負けるのは当たり前だったが、勝ち切る3歳馬が最近は多いので、キャラを見極めて、勝負強い馬はそのまま頭からがいいかもしれない。

秋華賞馬は翌年以降に買いだから、今年はオークス上位組の取捨と行きたいところだったが、やや勢力図が変化しそうな流れになりつつある。

今年はメンバー次第で、春の期待馬から狙うのが妙味ありか。

かといって、コアメンバーより強いわけではないのが悩みの種。

 
古馬の人気コケのパターン

2.5倍以上の支持を集めた断然人気の古馬は、

’08カワカミプリンセス②

’98エアグルーヴ③

’97ダンスパートナー②

’96ダンスパートナー①

3歳馬が斤量利もあって、どんどん上位に食い込んでくるのに対し、一般的な2.6倍以下の1番人気馬がスノーフェアリーしか勝っていないのは、偶然ではない。

他の重賞にはない特徴として、2、3番人気馬が半分制している傾向は、過剰人気に気をつけろのサインである。

非根幹距離の牝馬GⅠはこれしかないことも影響しているのだろう。

怪しいのは当然、人気必至のディアドラ。

 
大穴の条件

強烈な穴馬は、何年かやっていれば登場するもの。

コンスタントに来るのは、こういうチャンピオン戦の場合、3着馬である。

初期に穴を空けた面々やテイエムプリキュア、一昨年のシングウィズジョイなどは、大体が2、3歳時の重賞連対実績があって、それが血統の組み合わせで、ようやく適性のある舞台で力を発揮したというケースがほとんど。

クィーンスプマンテもトライアルには顔を出している。

復調気配ということで言えば、アンドリエッテなんかはもう距離がどうこうは問題ないだろうから狙い目だったのだが、東京は回避で、ならば府中牝馬不発で逆張りしたいソウルスターリングとか。

藤沢先生に柔軟に対応していただきたく、秋天などには無理に使いに行かないでもらえたらと思う次第だ。



■ 指数上位の組み合わせで【30万馬券】も的中

3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数を検証した。

■2018/9/29 阪神6R メイクデビュー阪神
1着 キンゲン  4番人気(指数3位)
2着 レオンコロナ 9番人気(指数5位)
3着 ノヴェッラ  8番人気(指数4位)
 ⇒ 3連単 31万8,430円 的中

■2018/5/27 WIN5
東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方