2018年東京スポーツ杯2歳S レース展望

JUST競馬予想ブログ

先週に続きハーツクライ産駒で 東京スポーツ杯2歳S 予想

読了までの目安時間:約 3分

 

まさにクラシックの登竜門。それも16頭立てとは珍しい。

15頭以上になるのは5年振りだ。久々に東京に有力馬が集中したのは、

・秋デビューのディープの良血馬が多かった

・夏以降のマイル以上の重賞に、牡馬のクラシック級がほぼ皆無

・夏が暑すぎた

などの理由が考えられる。

一応、

◎ホウオウサーベル
○ナイママ
▲ヴェロックス
注ルヴォルグ
△カテドラル、ヴァンドギャルド、ニシノデイジー

と印を打ったものの、武、モレイラ両騎手が乗るディープ産駒も当然有力。

気になる存在として、先週久々にトップレベルの舞台で躍動したハーツクライの産駒・ホウオウサーベルの新潟での弾け方、その代表産駒たるジャスタウェイの仔・ヴェロックスもまた小倉で素晴らしいデビューを果たしたことからも、スワーヴリチャードが走る前からこの流れは出来上がっていたとも見ることができ、トニービン大爆発の注意報が出ているのではと、ちょっと勘繰っている。

ホウオウ、ヴェロックスには共通項が多く、父の名を挙げなくても、ドイツ血統のズルムー、モンズーンなどがあてはまるバーラムの直系が入っているのに加え、薄いノーザンダンサー系のクロスまで同じ。

それと似ていない北の刺客・ナイママが、ハイペースを既に経験している強みを活かし、カテドラル辺りに自由な競馬を許さなければ、彼もまた主役級。

父ダノンバラードは自身はともかく、シュヴァルグランや姉のヴィルシーナがそうであるように、ダノンシャンティなども東京で輝いたバラード系。

ジャングルポケットを祖父に持ち、完成期に入るまでは1800Mを得意にしていたのは、同じトニービンの血を持っている前記2有力馬とも背景は似ている。

タフな流れの経験があるので、混戦になっても、自分が先に抜け出す形になっても、出来が落ちなければかなり走るはずだ。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方