2018年中日新聞杯 レース展望

JUST競馬予想ブログ

中日新聞杯 -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 


翌日の香港国際競走との兼ね合いか、ギベオン、グレイル、ドレッドノータス辺りは、主戦級から乗り替わり。

ここは、餅は餅屋と考えることにした。

狙いは3歳馬。

先週のチャレンジCも人気は上がり馬や3歳の重賞未勝利馬。

今週もそういうタイプが多い。

しかし、ハンディキャップ競走であり、コースレイアウトが阪神内回りとは大分異なるこちらに回ってくる以上、対応すべき条件のようなものも変わってくる。

ということで、GⅠ連対だけで斤量差が一つついた3歳馬を、少しでも軽いグレイルの方から狙ってみたい。

このレース。金鯱賞との兼ね合いで、様々な開催時期の変更などのモデルチェンジを繰り返してきたわけだが、

「暮れの3歳馬は55で買い」

というはっきりとした傾向が出ている。

ナカヤマフェスタも56だけが理由ではなかったはずだが、55のトーセンジョーダンなどと共に、アーネストリーに完敗だった。

3歳馬は、10年中12月開催5回で2勝。あとは4歳馬の勝利。

07年も3歳のサンライズマックスが勝っていたが、1000万勝ち直後の上、最後の父内国産限定重賞として開催された年で53の斤量だった。

その後のヤマニンキングリー、トゥザグローリーが55で勝利。

競馬場の作りは変化したが、軽すぎてもダメだし、重賞実績もそこそこの馬が有利なのは間違いない。

奇しくも、京都2歳S以来の重賞勝利を狙うドレッドノータスと同じ立場ながら、皐月賞やセントライト記念など、急坂のある中山で印象に残る走りをしているグレイルの方が、幾らか有利か。

先輩はスローの2000でしか好走していない。

中谷騎手がフォローしたところで、マイスタイルという何とも邪魔な男もいる。

3世代による古馬重賞獲りを巡る争いは、案外厳しいものになりそうだ。

ちょっと不器用なところのあるグレイルには、この点も有利である。

◎グレイル

○ドレッドノータス

▲マイスタイル

注メートルダール

△エンジニア、ギベオン、ストロングタイタン



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方