2018年ターコイズS

JUST競馬予想ブログ

フレッシュグループの良血・リナーテからターコイズS(2018)見解

読了までの目安時間:約 3分

 

重賞昇格後、マジックタイムこそ人気に応えたものの、あと2年、3歳馬が勝った時は、軒並み上位人気馬はほぼ総崩れの展開。

ハイペースとスローの違いでこうなったわけではないだろう。

重賞馬でも全く人気にならなかったシングウィズジョイや昨年覇者のミスパンテールらが、ここから後の活躍に繋げた。

格が低いのではなく、多種雑多なタレントらの選別をするためのレースなのだ。

さて、56になったミスパンテールをどう扱うか。

女王杯はどう転んでもスローなのだから、伏兵が下げた後の大一番。

スピードをフルに活かす戦法がいいに決まっている。

1600-1400-1600の重賞を3連勝。

位置を取れたのだから、不振はない。

勝つなら若い馬だろう。

狙いは4歳でも、フレッシュグループの良血・リナーテ。

来週の有馬で引退の決まっているサトノダイヤモンドの妹だが、ステイゴールド替わりでスプリンターに出た。

いや、それも決まっていない。

前走の東京で32.4秒決め手を炸裂させた才女だが、新馬は京都のマイルだから、一概にスピード一辺倒の差し馬とは言えない。

同時に、上記の覇者たちにはヘイルトゥリーズンの同系配合という共通点がある。

彼女はヘイローの3×5×4を含め、そのいとこのノーザンダンサーに絡む多様なクロスが含まれている。

同系配合どころではない近親交配であり、気難しさの根源はまさにここ。

危うい馬だけに、川田、藤岡康、前走の田辺と、騎手は入れ代わり立ち代わりながら、安心できるパートナーは限られる。

三浦皇成。どう考える。

53の古馬牝馬。有利なことは多く、決め手に取られなければ、スロー見え見えのこの一戦。

兄のように正攻法抜け出しもあり得る。

◎リナーテ

○ハーレムライン

▲ミスパンテール

注プリモシーン

△フローレスマジック、ディメンシオン、フロンテアクイーン

どう狙ってもいいわけで、相手も様々。

オープン馬の前走は問わないので、実績の割に人気薄期待のハーレムラインは、狙い目に思う。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方