2019年シンザン記念 レース展望

JUST競馬予想ブログ

池添騎手、プチブレイクの可能性に賭ける シンザン記念 予想

読了までの目安時間:約 3分

 

グランプリジョッキーと関東馬。

ベストライドでクイーンズリングを2着に導いた後、あと2勝ができなかったルメール騎手は、昨年このレースで唯一違う騎手<戸崎圭太>で勝利したアーモンドアイと共に、日本競馬の頂をとらえた。

もう三年前になる有馬の覇者・サトノダイヤモンドが最後に乗ったのは、その戸崎騎手。

池添騎手がここから名馬の蹄音を響かせたという意味では、あのオルフェーヴルもいる。

関東馬に関西の騎手。

いつしか、クラシックに繋がるレースになったのは、ルメール騎手でここを快勝したジェンティルドンナの頃からだろうか。

オルフェーヴルはまだ自信をつけていなかったから、レッドデイヴィスにいいようにやられてしまった。

昨年覇者の父ロードカナロアの産駒は昨年が2頭で、今年は3頭。

アントリューズは2勝馬で有力の関東馬。

1勝の2頭も、叔母がジェンティルドンナのドナウデルタの方が同性ということもあり、人気になるか。

ただ、血筋は同族のヴァルディゼールの方が適性は上か。

しかし、ここは何となく池添騎手のプチブレイクが、今更ながら起きている可能性に賭けてみたい気もする。

ルーラーシップ×クロフネでタミーズターン系。一族からは長く活躍したラティール-ヒットザターゲット母仔がいる。

そんなパッシングスルーを2戦目から狙うのは、やや筋悪か。

それでも、東京の新馬戦で負かした面々が続々勝ち上がり、それほど奥手ではないことを暗に証明している部分もある。

新馬で33.5秒の脚は、今や特筆するような数字ではないものの、相手はなかなかの良血馬で、今年も手ごろな頭数。

ローテがアーモンドアイと似ているというだけで狙うのは安易でも、本格派ディープのゴータイミングなどが活躍する舞台でもない。

混戦ならば、牝馬の池添の出番である。

◎パッシングスルー

○アントリューズ

▲ヴァルディゼール

△ゴータイミング、シャドウエンペラー、マイネルフラップ



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方