2019年東京新聞杯 レース展望

JUST競馬予想ブログ

テトラドラクマの逃げ粘りか 東京新聞杯予想

読了までの目安時間:約 3分

 

妙に関東馬が強いと思っていたら、年が明けてからは関西馬が強い、いつも光景が広がっていった。

人気の実力馬が関東馬だと、しっかりとコケるという連続。

今回もそうならないことを望みたいところだ。

昨年ほどの混戦ではないだろうが、人気の中心は藤沢厩舎のオープン馬と元騎手の調教師が厩舎の期待馬に推しているマイラーたちだろうか。

ただ、いつもよりも誰が逃げるんだろうという不安は少ない。

快速型に転身しようという意思は見せているショウナンアンセムは、ミナリク騎手が強気に行ったところで、テンの速さでテトラドラクマに敵うとも思えない。

ロジクライはノリ騎手替わりながら、前走の惨敗もあり、立て直しが目的のご指名とあらば、控える手も考えられる。

田辺・テトラドラクマの敵は、人気になるだろう差し脚自慢の牡馬陣。

それも名手揃いだからこそ、牽制が強くなる可能性はある。

メンバーの割にいい騎手が…。

いや、そんなことはないか。

いい騎手が乗って、その中で一番うまく回ってきた人馬が制するのが、東京の1600と1800戦の常。

重賞ならば、それが馬の能力だけでは決まらなくなるから、予想のファクターも増える。

故に、シンプルに攻めていける人馬には有利。

ブラックスピネルは先週の土曜メインで逃げ切り。

2年前のこのレースで逃げ切って以来の勝利だった。

ついこの間引退したばかりのスマートレイアーが、その前年に、これまた初の逃げで押し切り勝ち。

東京マイルの重賞を逃げ切っている馬ではなかったが、先行型有利の東京新聞杯の歴史は、前走リズムに乗れずの1400で、それでも上がりで33秒台を使えたことで、しっかりと前に行けばもっとやれると、主戦の田辺騎手なら考えるはず。

下げても妙味がない以上、差しの手は考えなくていい。

◎テトラドラクマ

○タワーオブロンドン

▲インディチャンプ

注レイエンダ

△サトノアレス、ジャンダルム、ロジクライ

こういう時ほど、相手は単純に強いと思う馬から。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方