2019年きさらぎ賞 レース展望

JUST競馬予想ブログ

ディープ×メイショウベルーガのメイショウテンゲンで きさらぎ賞予想

読了までの目安時間:約 4分

 

当日の雨量は読み切れないが、そもそも軽い馬場ではないので、純粋に京都の高速馬場向きの馬に出番のあるレースとはならないだろう。

今年は8頭立て。

ちょっと前までは、クラシック戦線における最重要戦のような位置づけではあったが、共同通信杯にその位置づけが戻ったような傾向もあり、シンザン記念と役割が入れ替わったような雰囲気すらある。

無論、今年もそうとは限らないが、最近は負けた馬の方が活躍している点は留意すべきか。

メイショウサムソンもジャスタウェイも、オルフェはさすがにトーセンラー相手だったが、傑出した世代のトップホースがここでは敗れているのは、れっきとした事実である。

そこまで届くかどうかも不明な8頭。

ディープが3頭、オルフェが2頭で、後はブラックタイド、スクリーンヒーロー、ケープブランコ。

重馬場にまで悪化しない限りは、父の名を見比べても、力のある者が勝ち抜けるだろうことは、容易に想像がつく。

その中でも、ディープがどうこうということではなく、未来に期待を抱かせるような才能の発掘に傾注したら、血統という推理のファクターは無視できない。

ディープ×メイショウベルーガ。

京都で弾けた印象の両親が、異彩を放つ才能を生んだようなところがあるメイショウテンゲンに、今回は肩入れしてみたい。

激しい気性の持ち主であることは、新馬戦のレース内容からも簡単に気づかされる。

立ち遅れというより、何かに抵抗するようにしてわざとゆっくりスタートしたかと思えば、直線では外回りコースの京都1800を無駄に、より外へ膨れるように、それも加速するごとに逃避しながら走る前走の阪神1800戦のリハーサルのようなことをやらかしている。

2走目は、そんな無駄の多い走りをしながらワールドプレミアという期待馬相手に僅差の2着で断然人気となり、色々池添騎手が考え、内からスムーズな抜け出しを敢行するも、上手に走らせすぎて持ち味出せずの2着。

3走目は阪神内回りの2000で、ややズブさが目立ち、差し損ね。

前走は阪神外回りでハイペースに近い展開から、大外一気もシンザン的外々強襲は、乗り替わりの松山騎手に嫌がらせのような抵抗感を示した印象を残した。

まるでここまでロクに走っていない。

3戦も負けていながら、かれこれ2か月半で4走も馬体重がまるで変化しないこの男は、やはりただ者ではない。

これまで上がりの速い脚は使えていないが、単純に、この手の馬は相手を見るところがありそうで、池添騎手に手が戻り、相手強化となれば、男のプライドの見せ所。

大いに期待外れの惨敗もあれば、急に勢力図に登場の新星誕生ともなりうる。

ただ、その難しさは底力の裏返し。

現に、前走の未勝利戦と同コースの1勝クラスで、似たような展開ながら、時計の更新が一気に可能になる上のクラスと時計半分ほど見劣るのみの差。

その1:48.0は、今回の想定タイムよりはずっと速いから、経験値の面でもオープン出走馬と互角にやれる根拠にはなる。

それに加えての血統背景。

実力のほどはともかく、勝ち運を持っているかどうかは判然とする舞台設定だ。

◎メイショウテンゲン

○エングレーバー

▲タガノディアマンテ

△ヴァンドギャルド、ダノンチェイサー



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方