2019年京都牝馬S レース展望

JUST競馬予想ブログ

戦法の幅を広げつつあるミスパンテールで 京都牝馬S予想

読了までの目安時間:約 3分

 

フルゲート割れの他3重賞と比べると、陣営の熱量が競馬界独特のルールのせいか、やけに高く感じるこの京都牝馬S。

休み明けのエイシンティンクルの逃げっぷりが、展開に大きく影響する。

中山の時のように、カワキタエンカを潰しにかかるマーフィーというような構図にはならないだろうし、メンバーは似通ったようなものだが、本質的、京都の牝馬戦が外回りでハイペースになることは稀である。

繁殖に上がろうという寸前の馬も多い。

荒れ馬場は例年のことなので、外差し三昧の展開も今年はしっかりと継承されるはず。

京都記念の上位入線馬は、五分所より外を通った馬だった。

昨年もその前も同じような展開の京都牝馬S。勝ち馬も同じかもしれない。

56は前走でこなし、陣営の願いが届いたように、徐々に戦法の幅を広げつつあるミスパンテールが大いに怪しい面を抱えつつも、有力なのは昨年と同じ。

ターコイズSより連続好走は簡単なはずだ。

ダイワメジャーはマイルCS3年連続連対。

シンボリクリスエスが秋天と有馬を連覇し、JC2年連続3着。

近親のウインラディウスは東京マイル重賞を2勝。

ウメノファイバーも東京の重賞を3勝してオークス馬になった。

何かにつけて、立て続けが多い血筋。

陣営、鞍上とも、土日にかけて勝ち負けに加われる馬を重賞レースに抱えていたが、肝心のGⅠはパスせざるを得なくなった。まずはここを。

昨年の臨戦過程に対し、今年は使った数は同じでもレースに全てグレート格がついていた分の消耗はあっても、着順の振れ幅は大きい。

決していいことではないが、まだ体つきに余裕がある中での3戦で、昨年のように微減で挑むよりはずっと具合がいいはず。

休み休みの小柄な関東馬・アルーシャが、グランアレグリアと少々似た配合で怪しいが、こちらは接戦で連勝中。

配合のイメージより、1400適性がありそうだ。

◎ミスパンテール

○アルーシャ

▲リバティハイツ

注カイザーバル

△エイシンティンクル、デアレガーロ、リナーテ



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方