2019年桜花賞 1か月前レース展望

JUST競馬予想ブログ

チューリップ賞激走のシゲルピンクダイヤ? 桜花賞展望

読了までの目安時間:約 3分

 

有力馬の能力発揮の安定感にしか興味のなかったこの世代の牝馬に関し、コントラチェック以外で興味を惹かれたのが、先週のチューリップ賞で激走したシゲルピンクダイヤだ。

いや、これと関連してよりスピードが魅力の馬に成長を遂げたキュールエサクラと共に、10月の新馬戦で2、3着だった彼女たちの成長曲線に、桜花賞のレースモデルがある気がしたのである。

彼女たちがデビューしたレースは、キュールエサクラが明らかに速いという印象で、京都内回りのマイル戦で人気になった。

みんなと仲良く走りなさいという格言を守りつつ、みんなで速く走ってしまった中、シゲルは勝負所で下がってしまい、キュールエはやや飛ばし過ぎて、その後凡走を繰り返すウルクラフトに負けてしまう。

が、キュールエは当然言い訳できることもあったし、シゲルも詰まったところから、直線の最後の方で馬込みを抜け出し、何とか前へと追いすがった。

以降、キュールエサクラは1400M戦を連勝。

2戦目も最後の伸びが際立つようにして、シゲルピンクダイヤが未勝利脱出後、再出現のチューリップ賞は堂々の2着だ。

藤沢和雄厩舎の快速2頭に対し、関西の差しタイプはガッツも結構ある。

この世代のミニマムモデルが、未勝利クラスのレースにも見られるということは、どの馬も、勝ち上がってくればそれだけで、可能性のある馬となるわけだ。

差せることを示したビーチサンバは、どちらのグループに入るのか。

暮れのチャンピオンレースでは、東京新馬のレース内容が評価の対象になったが、春になったら、それだけでは足らない。

少なくとも、格の上がったレースでそれと同じレベルの内容が問われる。

何となく、速く走れてしまった順から可能性が失われつつあるから、クロノジェネシスには一番可能性を感じるのだ。

スロー差し切りの迫力が、時計勝負で見劣るとは思えない。

JF組が今年も活躍するだろう。

あとチューリップ賞を見て、今年もその勝ち馬がオークス最有力候補になると思った。

渋く伸びる必要はないが、勝負強く抜け出す脚は東京2400Mでは重要。

健康体を保ち、そこを勝てるはずのダノンファンタジーは、桜花賞をうまくやりこなしたい。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方