2019年ダービー卿チャレンジT レース展望

JUST競馬予想ブログ

マイルCSゴール前強襲4着のカツジに期待 ダービー卿チャレンジT予想

読了までの目安時間:約 3分

 

前走大捲り不発のカツジに期待する。

57を背負っているが、56のマイルCSは猛然とゴール前強襲の4着。

古馬になってからの57キャリアでは、5歳のダイワキャグニーよりは豊富だし、マイスタイルにも劣らない。

 

問題は昨年のニュージーランドTの再現が、こんな情けない競馬の連続で果たして可能なのかということ。

これ、兄ミッキーグローリーの優等生ぶりからは想像がつかないが、母メリッサに似て、ほぼほぼ前走の結果などまるで無視できるというようなことを、このカツジは延々繰り返しているのだ。

メリッサはグランプリホース・ガーネットの全妹として誕生したサンマリノを4代母持っているからなのか、かなり平坦に偏った適性を持っていた。

 

芝での2勝は傑出したタイムを記録した小倉1200戦でのものだし、その本質を見出したような面も秘めるダートでの4勝という結果も特徴的。

ダート戦はどんどん行ってふるい落としていく手法をとるから、形が崩れると脆いという欠点も出てくる。

母の芝の2勝の前走は、阪神での5着とアイビスサマーダッシュでの1番人気殿負けという結果。

 

カツジもすでに、前走掲示板外からの馬券内好走を3回達成している。

ハマらならない競馬の後にこそ狙いたい男。

ますます、真面目なミッキーグローリーが浮いて見えるというところ。

しかし、NZTは多頭数の3歳GⅠトライアルで、特段速い流れではなかったから、この辺りは先祖返りというか、いい面が戻ってきた面もあるのかもしれない。

今回はエイシンティンクルやマルターズアポジーもいる。

 

追走のことは気にせず、母が得意とした前傾ラップでのごっつぁんですを期待したい。

テレンコの性質は、リファールのクロスの影響あるだろうし、願ってもない展開になる。

近走の走破時計が目立つドーヴァーや昨年優勝のヒーズインラブなど、武器が似ていそうな面々は押さえておきたい。

◎カツジ

○ドーヴァー

▲ヒーズインラブ

注マイスタイル

△ギベオン、ダイアトニック、プリモシーン



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方