2019年アーリントンC レース展望

JUST競馬予想ブログ

波乱含みだが… アーリントンC予想

読了までの目安時間:約 3分

 

レース史上初めてとなる18頭立ての競馬になったから、波乱の芽もひょっこり見え隠れしていないわけでもない。

しかし、残念ながら、このメンバーで距離の壁を実証してしまったという割り引き材料はあっても、あの共同通信杯で好走できそうなメンバーは、フォッサマグナ以外には見当たらない。

カテドラルやヴァンドギャルド、フォッサマグナのように仕切り直しの自己条件を勝ってきたミッキーブリランテなども含め、明らかにクラシック本戦レベルではない、というのがもうひと推しの決め手。

 

おまけに、今年はメンバーが強力になりそうなNHKマイルC。

この後を展望する意味でも、フォッサマグナがぐずぐずしてしまうと、面白くなくなる。

次戦の展望において、度忘れもあったが、フォッサマグナは3着以内の条件がここで縛りとしてあったので、ほとんど無視のような状況だったが、1600戦からの再挑戦組の中では、かなりの有力馬に違いはない。

 

新馬は後傾ラップ、共同通信杯では先行ポジションに自然となり、前走の中山は、平均ラップを正攻法抜け出し。

ルメール騎手は様々試しているわけではなく、そのスピードを信頼している印象だ。

父ウォーフロント、母父ラヒーブ共々、最初の重賞級でマイル超えの夢は叶わず、クラシック戦線には縁のなかった現役時代そのままに、ある意味で、思惑通りの成長を遂げようとするフォッサマグナ。

 

ノーザンダンサーの3×4やフォルリのクロスは、昔の名馬になったエルコンドルパサーとの共通項ではあるが、陣営の展望の先に、12Fは既にない。

スピード血統だからこそ、ここでは結果も求められる。負けられない。

トゥラヴェスーラの全弟で、アストンマーチャンの甥にあたるトウヤリトセイトのキレと、ここでは唯一の前走が阪マイル1着のミッキーブリランテらを評価し、相手の中心に。

 

◎フォッサマグナ

○トウヤリトセイト

▲ミッキーブリランテ

注ロードグラディオ

△ユニコーンライオン、ヴァンドギャルド、カテドラル



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方