2019年皐月賞(G1) レース展望

JUST競馬予想ブログ

皐月賞(G1) -予想-

読了までの目安時間:約 5分

 


先週の桜花賞に、かつてのウオッカ・スカーレット時代が始まった春のことを思い出しつつ、名馬の死を悼んで間もなく、今週の皐月賞には、1976年、当時まだ頻発していた労働争議物別れの末のストライキ発生で、東京開催になった伝説のTT対決初戦の導線にやや似ている想定表だ、と勝手に脚色をつけて盛り上がる、実に節操のない筆者。

 

西の王者が東京でも中山でも連勝を延ばし、それを5として、断然人気で挑んだテンポイントに対し、東で密かに力をつけ、初のオープンクラスがこの皐月賞だったのがトウショウボーイ。

テンポイントは、2000Mで2歳チャンプとなったサートゥルナーリア。

トウショウボーイに関しては、今年は当然ダノンキングリーしか役に足る存在はいない。

しかし、そのダノンキングリーは、旧バージョンのテンポイント的存在のアドマイヤマーズに土をつけた男。

その伏線は何なのか。血統図を探っていくと、意外にして、衝撃的事実に気づかされることになった。

 

・トウショウボーイと3代母ロヴィンタッチ<Lovin Touch>との関係性

 

73トウショウボーイ<76皐月賞(東京)①、ダービー②>

父テスコボーイ 母ソシアルバターフライ<父ユアホスト>

クロス:ハイペリオン3×4/ブレニム5×5/ブランドフォード(6×5)×5/ファラリス(6×6)×5

 

80ロヴィンタッチ

父マジェスティックプリンス<69米二冠、ベルモントS②>

母フォレストプリンセス<父フリートナスルーラ>

クロス:ネアルコ4×4/49ユアホステス≒48マイホスト3×3<アリバイ×ブドワール4×4>→全兄弟47ユアホスト/マムタズビゲム5×4/ブレニム6×(5×5)

 

詰まるところが、似たような配合。

これにより、兄がダノンレジェンド<父マッチョウノ>であることの懸念や、叔父も米ダートトップホースであったウエストコースト<父フラッター>だという点も、あまり気にならない。

先週は母父タピットのディープ。今週はストームキャット肌のディープ。

母方にトウショウボーイが入っていると仮定した場合、主流血統偏在にいいアクセントになるインテント系のオーナーアンドグローリーの存在が、ストームキャットの良さをより引き出す可能性にも考え至る。

欲しいところに手が届く配合。

 

加えて興味深いのが、5代血統内に入った主要国における第一冠制覇の種牡馬の多さ。

主だったクロスの入った馬も含めると、

・牡馬第一冠優勝

USA

50ネイティヴダンサー

64ノーザンダンサー

66マジェスティックプリンス

70セクレタリアト<勝ちタイム1:59.4を含め、現三冠戦全レコード保持者>

86サンデーサイレンス

 

GB

54クレペロ

65サーアイヴァー

 

JPN

02ディープインパクト

列挙した8頭全てが、二冠以上でかつダービー馬。

 

簡単な話、アメリカンなイメージから脱却していないようで、現在にも通じる、正しい歴史を刻んできたレースを制した名馬の血が、ダノンキングリーには沢山含まれているというバッグボーンは、殊、クラシック戦における最大の武器、なのではないかと。

 

3代母にトウショウボーイの影を見て、日本とアメリカの三冠馬の血が、父と母に組み込まれているということ。

その三冠馬がセクレタリアトやディープインパクトであり、スピード革命を起こしたという軌跡が、記録として今も残されていることに、大きな意義がある。

 

前記のグランアレグリアに関する配合面の共通項は、先達て復活GⅠVを成した17皐月賞馬・アルアインと繋がる、母父シアトルスルー直系の三冠血脈とも、このダノンキングリーはベースの上で成り立つ。

血統が全てではないとする一方、最近、桜花賞ではディープが勝てず、代わって皐月賞をよく勝つようになった傾向からも、何かワンピース加わったディープの、2000Mにおける本質的な適性で、他を制するのが自然な流れとなっているのではないか。

 

ディーマジェスティは母父ブライアンズタイム<ナリタブライアンの父>、昨年覇者は三冠馬・オルフェーヴルの初年度産駒。

今日本競馬が欲している三冠馬の血で、ロードカナロア×シーザリオという現国内最強配合のサートゥルナーリアを、見事に封じ込めてもらいたい。

ウオッカとスカーレット、テンポイントとトウショウボーイも、4歳シーズンまでガッツリやり合った。

新たなライバル対決が始まる舞台に、第一冠戦は相応しいことを、まずは結果で示してもらおう。

 

◎ダノンキングリー

○サートゥルナーリア

▲アドマイヤジャスタ

☆ラストドラフト

注ヴェロックス

△アドマイヤマーズ、ニシノデイジー、ブレイキングドーン


* * * * *

【特集】 誰でも同じように再現できる、10万馬券の取り方


無料で利用できる評価の高い指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。(下記は2019年、3連単1000倍以上の的中例から抜粋)
03/03 阪神12R 200,880円
02/16 小倉01R 153,140円
02/09 小倉06R 109,670円
02/03 京都11R 141,960円
02/02 京都03R 212,970円
01/27 中京09R 185,870円

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方