2019年京都新聞杯レース展望

JUST競馬予想ブログ

伏兵オールイズウェルの秘めたる破壊力に期待 京都新聞杯予想

読了までの目安時間:約 3分

 

例年通り、東京のプリンシパルSとの分割レースの趣である京都新聞杯は、少々、今年はその質に疑問符がつく。2勝馬は3頭いるが、オープン実績や勢いは今一つ。

買い方自由の一戦だろう。

インティライミ、キズナの佐々木晶三厩舎で、昨年Vの藤岡佑介騎手。

ルーラーシップ産駒というのが何となくミソのようなところのある伏兵のオールイズウェルの、秘めたる破壊力に期待する。

縁あって、NHKマイルCに2頭が登場の夏の中京2000Mデビュー馬。

母父ゼンノロブロイだから、期待は秋以降と初戦である休み明けの未勝利はきっちり勝ち切ったが、その両者が3歳春までだらしないところがあったように、オールイズウェルもきっちりモタついてみせた。

京都、阪神ともに、内も外の回りも経験しているから、血は争えないというそれだろう。

が、佑介騎手が皐月賞参戦で乗れなかった前走の阪神2000では、毎日杯でそこそこいい脚を使ったことなども評価され、人気になったものの、内から外に出すのに手間取って3着。

ただ、完全に圏外だったところから、オークス裏ルートと怪気炎を上げた牝馬2頭に対し、道悪をものともしない追い込みに、ぞくっとさせる何かがあったのも事実。

鞍上も元に戻り、距離延長で本格化の血縁は、5代血統表に3つ入ったミスタープロスペクターの4×5×5だけでなく、キングカメハメハとエルコンドルパサーを抱えることで、キングマンボの3×4を生じた意識的配合から、レイデオロのような大物感を醸し出す。

平坦巧者の多いコランディアの牝系ながら、オールイズウェルのもう大叔母にあたるリトルアマポーラが、秋華賞差し損ね後の女王杯正攻法抜け出しの実績を持ち、ここに大いに肖りたい。

2400王者がわんさか入る血統表からも、ダービーに向かうに相応しい血統馬だろう。

従姉弟がジェンティルドンナのロジャーバローズも似た雰囲気。広い馬場でのすんなりした競馬が合う。

◎オールイズウェル

○ロジャーバローズ

▲ブレイキングドーン

注トーセンスカイ

△ヒーリングマインド、ヴァンケドミンゴ、モズベッロ



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方