2019年京王杯スプリングC レース展望

JUST競馬予想ブログ

実に珍妙なジンクスを持っている 京王杯スプリングC 予想

読了までの目安時間:約 3分

 

このレース、実に珍妙なジンクスを持っている。

押し並べて、ヘイロー系が強いことはどのレースでも同質ながら、近15年は勝ち馬の父さえも重複なし。

だから、近10年で同じ種牡馬の仔が連続連対した例は、数で勝負できるディープインパクト産駒のヴァンセンヌ-サトノアラジンの1件しかない。

オールカマーなのは結構な話だが、そもそも適性が似通っている16頭以上の競馬と決まっているこのレース。

1番人気が滅多に馬券に絡まないというのも、当たり前のことなのである。

スティンガーが連覇してから、もう20年が経ってしまう状況になったから、その頃までは毎年のように京王杯SCの勝者を送り出した藤沢厩舎の番頭格・タワーオブロンドンさんに、無理くり、頑張っていただこうとここは本命。

スティンガー以降も、ウインラディウス、レッドスパーダ、昨年のムーンクエイクまで18年で3勝。

種牡馬別の傾向分類ができない以上、こういう手は、むしろ有効だろう。

レッドスパーダはタイキシャトルの産駒。見事に親仔制覇を、同厩舎で果たした。

同厩舎の連覇も20年以上の範囲で、藤沢厩舎のみ。

妙に同じ手は使えない状態のこのレースにあって、これも有効なファクター。

上位グループの欧州マイラーとして、ライバルのヘンリーザナヴィゲーターと挑んだAW・BCクラシックを制したのが、父レイヴンズパス最大の功績。

カーリンが負けたのも、芝馬上位独占の結果に終わったのも、今や廃れたオールウェザーだった影響。

そんな結果が災いしたのか、父にどことなく似た戦績のタワーオブロンドンは、その代表産駒である。

トリプティクの一族であり、ディーマジェスティの近親。

言うことないようで、どうも粗忽なところがある彼だから、2歳時のものながら、1400不敗の記録は、ここでは味方につけられる。

どうも、1400以外を使っていた馬が有利なのが、最近のトレンド。

トップマイラーにはまだ足りない以上、ここを勝って、自ら展望を開いていくしかない。

◎タワーオブロンドン
○エイトシャイデン
▲トゥザクラウン
注キャナルストリート
△スマートオーディン、サトノアレス、ドーヴァー

おすすめの記事
日本ダービー予想特集



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方