2019年宝塚記念 1ヶ月前レース展望

JUST競馬予想ブログ

レベル低下の可能性も 宝塚記念展望

読了までの目安時間:約 3分

 

おいっ!いいのがいねぇじゃねえか。

大阪杯GⅠ昇格の弊害以外にも、様々なレベル低下の理由はあるだろうが、まずは主要戦の好走馬について、考察をする。

有馬記念の上位3頭
①ブラストワンピース 大阪杯⑥→目黒記念
②レイデオロ ドバイシーマC⑥
③シュヴァルグラン ドバイシーマC②

レイデオロも昨年より怪しい感じだし、秋の消耗度合いを考慮すると、今年もパスすると思ったが…。

秋天のステップにするつもりだろう。

大阪杯
①アルアイン 金鯱賞⑤→
②キセキ 有馬記念⑤→
③ワグネリアン 東京優駿①→

秋のGⅠで好走した5歳馬が、同期や4歳世代に完封されていることは、しっかりと念頭において、力関係を吟味しないといけない。

昨年勝ったのは、突然春に絶好調となったミッキーロケット。パンチ不足…。

例年好勝負の2、3月重賞連対馬

*日経新春杯
①グローリーウェイズ →天皇賞(春)②

*アメリカJCC
②フィエールマン →天皇賞(春)①

京都記念
②ステイフーリッシュ →大阪杯⑬

中山記念
②ラッキーライラック →阪神牝馬S⑧→Vマイル④

金鯱賞
②リスグラシュー →QEⅡC③

日経賞
①メイショウテッコン →天皇賞(春)⑪
②エタリオウ →天皇賞(春)④

?? ああ、5歳馬とか、別路線の4歳馬が勝ったりとか、怪我とか…。

まあ、日経賞の2頭に1月GⅡの人気馬2頭、色々混ぜ合わせても、ここからは4歳馬しか浮上しない。

有馬記念のタフな内容をそのまま互換できないようなメンバー構成になりがちで、昔より、春のGⅠの重要度が低下。

生産者側というか、社台グループでもノーザンファームのほぼ独占状態であることも影響し、使い分けの果てに、このレースは脈なしだと絶対使わないという流れになっている。

無理に使ったのはジェンティルドンナくらい。これもJCとか、翌年のドバイに向けたステップといった使われ方であった。

調子重視、順調さの証明、中距離重賞の実績といったところが、人気の度合いとのマッチングで、七夕賞的妙味を生み出している。

ノーザンファームはずっとこのレースを勝てなかったことで知られる。

もう勝ってしまったし、日高の馬にもかなりのチャンスはあるだろう。

エアウィンザーは鳴尾使いなら脈ありだったが…。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方