馬場渋っても可、レッドアンシェルで

競馬予想ブログ JUST

2019年 CBC賞 予想

読了までの目安時間:約 3分

 

前走、初の1200M戦で理想の競馬を体現したレッドアンシェルで堅そうだ。

今回の56というのは、条件戦では背負うことはなく、昨秋などは58まで背負った実績馬。

3歳時までは主戦の福永騎手が、自ら勝負に出る形に誘ったスプリント戦で満額回答を見せ、継続騎乗。迷いはない。

同時に、重賞は久々でも、中距離まで使われたことによる柔軟性も期待できる。

雨が降ったら、稍重の札幌での新馬戦での圧勝の再現も十分に可能だろう。

血統は素晴らしい。

何より、叔父にナサニエルがいる。

ガリレオ産駒なのだが、キングジョージの渋馬場で重の凱旋門賞を勝っているワークフォースを粉砕しておきながら、対岸のビッグマッチには縁はなく、フランケルやデインドリームらの引き立て役になった、惜しすぎる才能。

ところが極端に凝ったというより、いいモノ同士を単純に掛け合わせてサドラーズウェルズの3×2という破滅的配合を施されて誕生したのが、12Fの制覇者たるあのエネイブルである。

唯一の敗戦は3歳初戦の芝も初めてという条件戦での3着。

2着ラッシュの父や【4244】で条件戦複勝率100%のレッドアンシェルとは、明らかに性格が違う。

黄金ニックスに近いとされるサンデー系とダイレクトにストームキャットが入った配合は、雑な配合にも思えるエネイブルとは一線を画す一方、ヘイルトゥリーズンはしっかりとクロスし、トムロルフが6代目とボトムの5代目に入るレッドアンシェルは、ニアークティックの継続クロスのあるなしの差だけで、サドラーズウェルズのクロス以外には共通項も多い。

難しい配合ではないないから、完成期も正規のものであろう。

これからが楽しみの馬らしく、ここは通過点にしたい。

無論、雨が降れば降るほど、休み明けでもセイウンコウセイの底力は発揮される。

この馬も父アドマイヤムーンの中にトムロルフが入っている。

◎レッドアンシェル

○セイウンコウセイ

▲メイショウケイメイ

注アウィルアウェイ

△アレスバローズ、ビップライブリー


* * * * *

【特集】無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで驚異の回収率

08/10 札幌6R 買目26点で 3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で 3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方